毎日、笑顔で「おかえり」って言いたい。
ママだってワガママに好きなことをしよう。
ホテル

【子連れにお勧め!】シェラトン・マウイリゾート&スパ宿泊レポ

シェラトンマウイアイキャッチ

(2019年4月更新)
マウイ島といえばオールドタウンラハイナ。
と言われるマウイ島のメジャーな地域であるカアナパリ。

カアナパリにある老舗ホテル、シェラトン・マウイ・リゾート&スパに宿泊してきました。

定員が4名のため2部屋を用意する必要があり、1部屋はSPGの無料宿泊、2部屋目はポイントを使用して手出しほぼナシ(リゾートフィーのみ)で手配!

2部屋ともアップグレードをしてくれ、さすがリゾート!といったゆったりのんびりとした滞在ができました。

シェラトンマウイはマウイ島ならではの敷地の広さ、離島ののんびりした雰囲気を十分に感じられる、子連れにもおススメのホテル。

この記事をおススメする人
  • マウイのホテルを探している
  • 子連れでハワイ旅行(離島)を考えている
  • シェラトンマウイってどんなところが気になる

シェラトンマウイの詳細と良い点、残念だった点も隠さずに記事にしました。
この記事を読めばシェラトンマウイの滞在をイメージできると思います♪

以下レポ。

シェラトンマウイ 場所

シェラトンマウイリゾート&スパ(以下シェラトンマウイ)はカアナパリ地区の北端に位置するホテル。

シュノーケリングスポットで有名なブラックロックが麓にあり、カアナパリビーチ、ブラックロック、目の前にはラナイ島が見える最高のロケーションのホテルです。

ホテル自体は50年以上前からありますが、2011年に全面改装されたためとてもきれい。

場所はこちら。

カアナパリPKWYをずっと北上して、一番北側にあるホテルです。

このカアナパリPKWYはハイアット、ウェスティン、アストン…とホテルが並ぶ地区。
レンタカーでも送迎バスでもテンションがあがること間違いなし。

レンタカーで海沿いを通ると雄大な景色に最高だ~となります(^^♪

\10泊すると1泊無料になる!/

Hotels.comで予約

\最低価格保証付き♪セール情報も多数/

Agodaで予約

シェラトンマウイ 周辺情報

シェラトンマウイから徒歩10分ほどにホエラーズビレッジといって、90店舗ほどが集まっているショッピングモールあり。

KateSpadeやルイヴィトンもあります。

うと
うと
うとはばーばとここのABCマートで朝のカップラーメンとちびたちの牛乳、お水を購入しました。

シェラトンマウイ プールは絶景!子連れにもお勧め

シェラトンハワイプール シェラトンマウイといえばこの絶景のプール!
プールに入りながら海も見れて、ブラックロックもありかなりの絶景。

この写真のプールはケイキプールといって、子供用の浅めのプール。
うと家はもっぱらこのケイキプール周辺にいましたが、海もあるのでシュノーケルをレンタルしてそちらに行くのもあり!

うと
うと
こんな絶景のホテルはなかなかないのでは…

うとは海はベタベタする+身体が痛くなるので、ちと苦手なのですがプールは好きなので、シェラトンマウイのプールは率先して入りに行きました(^^♪


向こうに見えるのはラナイ島(たぶん


プールをぐるっとホテルが囲んでいる感じ。


これだけ縦画像なのですが…(調整するとバランスが悪くなるのでそのまま)。
奥に見えるのがブラックロック。

うと
うと
ちなみにマウイ島は欧米の方が多いのですが、みなさん8時くらいにはいったんプールに来てタオルを置いて日影になる場所を先に取っていましたー!プールに行く方は朝のうちに場所取りだけすべし!

チェックイン前でも当日宿泊予定ならプールは使用可能です。

シェラトンマウイ 部屋詳細

ホテルの部屋はこちら。
今回は比較的プールにも近い、ラハイナタワーにあるジュニア・オーシャン・スイートデラックス・オーシャンビューの2部屋。

無料宿泊とポイント宿泊のスタンダードルームでの予約なので、アップグレードはうれしい限り。
シェラトンマウイは80%以上オーシャンビューのホテルなのですが、せっかくなのでせめてオーシャンビューのお部屋を予約することをお勧めします。

うとのようにSPGアメックス→マリオットプラチナ(SPGアメックスを所有していればマリオットゴールドは確定です)の恩恵がある方はほぼ間違いなくアップグレードをしてくれるはず。

お部屋のアップグレードは空室があれば、可能な限り。という感じですが、シェラトンマウイはめちゃくちゃ大きなホテルなので、マウイで大きなイベントがない限りは比較的余裕があるはず。

シェラトンマウイでの部屋分類

今回うとが滞在したのはジュニア・オーシャンスイートというお部屋。
シェラトンマウイのお部屋は

リゾートビュー
パーシャル・オーシャンビュー
オーシャンビュー
デラックス・オーシャンビュー
オーシャンフロント
デラックス・オーシャンフロント
オハナ・スイート
ジュニア・オーシャンスイート
1ベッドルーム・オーシャンスイート
1ベッドルーム・デラックス・オーシャンスイート
アリイスイート

とかなり細かくお部屋が分類されています。

この順番で良いお部屋なら上から4番目のお部屋にアップグレードしてくれたということに。
う~む、ありがたい…。

長男
長男
ぼくがばーばと寝たのはデラックスオーシャンビューだったけど、その部屋でも十分広かったよ!

マウイ島のホテルはオアフとは違い、規模が大きい滞在型のホテルなので、一部屋はゆったりとしています。

オアフのビル群もないので、低層階でも海がばっちり見え、オアフとは全然違う魅力があります。

シェラトンマウイ、ジュニア・オーシャンスイート詳細

ということで詳細。
お部屋にIN

シェラトンマウイホテルなので、ダイニングテーブルという感じではなく、お茶する感じのテーブル。

シェラトンマウイ ベッド
一部屋がベッドルームになっていて、扉をあけるとキングサイズのベッドが。
すでにちびたちがベッドを荒らした後なのでなんとなく汚くてすみません…

シェラトンマウイキッチン
電子レンジ、簡易シンク、コーヒーメーカー、冷蔵庫あり。
ちなみにこの棚の左横にあるクロゼットはどでかいラゲッジルームになっています。

うとはスーツケースを広げる派なので使用していません。

シェラトンマウイシャワー
こっちはバスタブ付き。
写真ありませんが、もう片側に一つ、シャワールームあり。

パパ
パパ
水圧もばっちり!!2つお風呂場があるとプールのあととか待たなくて良いからありがたい

シェラトンマウイドレッサードレッサー。ちょっとボケててすみません。
いつもこの鏡を写すときに自分が写るのがどうしたら良いのか。

右側にあるのがシャワールーム。

シェラトンマウイアメニティ
シェラトンマウイのアメニティ。
いつもうとはアメニティは持参するので使いませんが。

シェラトンマウイラナイ
ラナイ。
ここでビールとかホントに最高です。By うとパパ

シェラトンマウイラナイ景色ラナイから見る景色はこちら。
うむ、最高。

シェラトンマウイは全体的にオーシャンフロント、オーシャンビューのお部屋なので、景色は満足すること間違いなし。

シェラトンマウイ 残念だったところ

こんなに素敵なシェラトンマウイですが、残念だったことが2点あります。

  • うとは事前にアーリーチェックインを希望していたのですが、まったく伝わっていなかった。当日のチェックイン時間は15時と言われました(実際には13時半ころに入れました)。
  • SPG会員の特典である宿泊の特典はギフトかポイントかを聞かれるはずだったのに聞かれなかった。→勝手にギフトを持ってきました。

正直、この2点はとっても残念でした…

まぁ、結局プールに入ったので問題なかったのですがマリオットとSPGの統合のおかげでマリオットデスクはつながらず、アーリーチェックインについてどうなったのかのレスポンスもなし。

レジデンスマウイではポイントとギフトどっちがいい?と聞いてくれたのですが…ギフト、辛ラーメンですよ。いらんわ!

シェラトンマウイってスタンダートルームでもそこそこ高いんです。
その値段払って…という感じは否めません。

個人的にはシェラトンとマリオットの違いってこの辺の細かい気づかいが大きいように思います。

うとの経験的にはSPG系列よりもマリオット系列(ルネッサンスとか)の方がスタッフさんの対応がスマートです…この辺はこれから変わっていくのかも。

ただし、この残念な点はSPGホルダーの方にしか当てはまらないので、注意さえすれば快適な滞在ができるはず!
統合時期で電話がつながらなかったのも一因ですし。

うと
うと
それでもスタッフの方はとっても暖かくて、子供に最高に優しい!!

正直、海外旅行の方が子供を連れていても嫌な思いをすることが少ないです。

ハワイはリゾートだからか皆さんおおらかで、子供が騒いでも嫌な顔もされないし、にこにこ対応してくれるので気持ちよく過ごすことができます。

番外編:ラハイナ地区観光

マウイ島といえばオールドタウンラハイナ!
ということで短時間ですがラハイナ観光もしてきました。

ハワイの旧首都ラハイナ

ラハイナは19世紀後半、ハワイ王国の首都でした。
世界的な捕鯨の中心地だったそう。

現在も当時の外観をそのままに現代的なリゾートとしての側面を持ち合わせ、たくさんの観光客が訪れる場所になっています。

オノジェラートから撮影した夕暮れのラハイナ。

ラハイナよりも個人的なお勧めはパイア。

【マウイ島旅行記】パイア散策&サムサトウズでドライサイミンに舌鼓マウイ島の子連れ観光はラハイナよりもまったりできるパイアがおすすめです。オールドタウンで流れる時間…レンタカーで行って、のんびり過ごしましょう。...

ラハイナは夜もにぎやかな街

オールドタウン・ラハイナにはアウトレットもあり、18時くらいになるとお店が閉まってしまうマウイ島のなかでは夜遅くまでにぎやかなお店が集まっています。

ラハイナ

ちょっとボケてしまっていますが…
たくさんの人が歩いていました。

ラハイナ街並み
お土産屋さんもたくさんあります。

マウイ島で何を買ったらいいのか…と悩む方はラハイナならおしゃれな雑貨やちょっとしたお土産が手に入ります。

実はサトウキビ列車とかも乗りたかったのですが、カアナパリに滞在するのは1泊だったので今回は断念。

まとめ

シェラトンマウイリゾート&スパの宿泊レポでした!
欧米の方が多く宿泊されていて、日本人は見かけませんでしたが(滞在していると思いますが)、ゆったりのんびりできるリゾート・滞在型の大型ホテル。

子連れの方にも安心な施設になっているので、マウイのホテルを探している方はぜひ候補にしてください。

マウイの滞在では多少の英語は必要ですが、欧米の方は子連れにとっっっっっても優しい!!
子供が多少泣こうがわめこうが、気にせずににこにこ接してくれます。

広大な景色が見えるリゾートでご家族で楽しんでみてはいかがでしょうか。

\10泊すると1泊無料になる!/

Hotels.comで予約

\最低価格保証付き♪セール情報も多数/

Agodaで予約
前回の記事はこちら。レジデンスマウイもお勧め!

レジデンスインマウイワイレアアイキャッチ
【子連れお勧め】レジデンスインマウイワイレア宿泊レポ!コンドタイプで広々。マウイ島のレジデンスインマウイワイレアは6人定員のコンドミニアムタイプのホテル。子連れには痒いところに手が届くありがたいキッチンや冷蔵庫に快適滞在できました。詳細レポ!...

ではでは。
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村