【たった5分で】「キャラもの興味ない」から「ディズニー最高おおおおお!」に変化したたった1つの理由。

こんにちは
うとです。

 

今日は先日、家族で
ディズニーシーへ行ってきまして…

 

 

正直、ディズニーランドは
遠いし(東京在住のくせに)、
もともとキャラものにそんなに興味がなくて

 

積極的に「行きたい」
という場所ではなかった私ですが…

 

 

行ってみたら

 

「また行きたい!!!

むしろ毎日行ってもいい!!!」

 

くらいに感動して帰ってきました。笑

 

 

で、今回はディズニーで
自分が実体験としても
学んできた

 

「1つでも超感動するコンテンツが
あればファンになる、

マジでたった1つでいい。」

 

ってことをお伝えしようかなと
思います。

 

 

 

全く興味ない、からの
「めちゃくちゃよかった、
また行きたい!」

という私の心の流れって

ビジネスでもかなり学べると思うので
ぜひ読んでもらえたらなーと
思います。

 

 

そもそもなりゆきはリサーチから

冒頭でキャラものに興味がない

 

と言いましたが、ディズニーランドには
実は5回ほどは行ったことがあります。

(シーは一回だけ)

 

大学自体の友達がものすごくディズニーが好きで
毎年必ず付き合わされていたので。

 

 

友人と離れてからは
ここ10年単位のレベルで
行ってなかったんですね。

 

 

で、なんで今回行ったのかというと
ビジネス的に勉強になることが多い

ということと

息子が行きたがった

 

っていう2つの理由がありました。

 

 

実は私がディズニーを特別好きじゃない、
ということもあって、
うちではほとんどディズニー関連の
映画やアニメは流していたことがないんですよね。

 

なので、子供もディズニーについては
ほとんど無知識で。

 

 

妹が香港にいたので、
下の子が2歳の時に香港ディズニーランドには
行きましたけど、
それもだいぶ前の話。

 

 

私も勝手に子供が
ディズニーには興味がないだろう、
って思い込んでいたのですが、
次男が喘息で調子が悪くなって
大嫌いな薬を飲んでいた時のこと。

 

ようやく喘息が落ち着いて、
ちょっと元気が出てきた時。

 

次男と一緒に保育園に向かう
車の中で、

 

「頑張って直したら、どこか
遊びに行こうか〜」

 

って話かけたんですよね。

 

どこ行きたい?

 

鉄博?

 

水族館とか?

 

って聞いたら、

 

 

後部座席のチャイルドシートに
ちょこんと座っている次男が

 

「ディズニーランド…」

 

って答えたんです。

 

 

 

 

 

マジ。

 

あんた…

ディズニーランドを知ってたのね…!

 

 

という衝撃でした笑

 

 

 

我が子だからって
なんとなく鉄道博物館でいいだろうとか
なんとなく水族館とか
連れて行けばいいかなー

 

と思っていたけど、

 

子供は子供で
友達が行った場所とか、
みんなが盛り上がっているところとか
わかっているし、羨ましいな〜って
思っているんだなぁ。

 

って知りましたw

 

 

 

母、反省。

 

 

 

つい自分があまり興味がないからって
子供もそうなんだと思っちゃいけないね…

 

 

と話がそれちゃうので
戻しますが、

かくしてディズニーランドのホテルと
チケットを手配して
(ランドが取れなくてシーをゲット)

ディズニーランドへ旅行することが
決まりました。

 

事前準備が不足しまくっていた

とはいえ、ちょっと仕事でバタバタ
していたのもあり、

 

ディズニーランドについては
ほとんど調べないで
当日を迎えました。

 

 

でもねーー。
ディズニーシーへ行ったのは
10年くらい前だったので、
ある程度情報収集すべきだったなと。

 

(旅行とかは
割と事前リサーチするんですけどね)

 

 

最初に入った瞬間から
どう動いたらいいのかまったくわからんw

 

最初にどこからどう動くかも
一切考えてなかったので
時間を無駄にしまくりましたね。苦笑。

 

 

 

ソアリンに乗ってみたい、

 

 

 

え?

こんなに並んでるの?

 

 

ソアリンってどうやって乗るの?

スタンバイパス?

何それ?

ファストパスじゃないの?

 

 

 

アプリ?

 

アプリなんているの?

 

 

 

えーーとアプリの
どこからスタンバイパスを
ゲットするんだろう。

 

 

あ、なるほどなるほど。

こうやってとるのか。

 

 

 

じゃあソアリンの時間
決まったから、
次にどうしよう。

 

 

あ、トイストーリーに行けば
いいらしいよ!

 

え、ここから遠くない?

えーと地図はどうなっているんだろう。

 

 

的な感じで、
かれこれ1時間くらい
最初の乗り物に乗るまでに
時間がかかりました。

 

 

これはもう事前リサーチが足りなすぎたなー
と反省ですねw

 

行く前にどう効率的に動くのか
調べておいた方が無駄はなかったかな。

 

相手がマーケターさんとか
仕事相手であれば
ただなんとなく歩いてみるのも
すごく勉強になるので良いけどね。

 

今回は家族旅行だったので
チビたちもいるしで、
最短最速で楽しめるために
リサーチすべきでしたねw

ソアリンに感動

せっかくだし、

 

かなり評判の良いソアリンに乗ってみたい!
と思っていたのですが
次男の身長が足りずで、

(成長曲線足りないレベルで
チビちゃんなんです…)

 

長男と2人で乗りに行きました。

 

 

 

↑↑ ソアリンとはこんなやつでございます。

 

 

 

入り口からソアリンの雰囲気に
ドキドキ。

 

「ママ〜。
これってお城?」

 

「これからどんな乗り物に
乗るの〜?」

 

と長男にきかれながら
写真を撮って、スタスタと
2人で先に進みました。

 

 

並んでいるところから
世界観への没入感を作るのは
ディズニーならでは。

 

 

一切の余念がないというか
手を抜いていないというか。

 

 

 

ちょっとした置物とか
小道具とかの細かい部分も
「ソアリンワールド」へ入り込めるように
こだわりまくってる。

 

 

この並んでいる
【何もしていない時間】
もいかに世界観に没入させて、
ソアリンへの期待感を高めていくか?

 

 

もガッツリと仕掛けられているな〜
って感じました。

 

 

スタンバイパスだし
コロナで人数制限もあるので
並んでいるところが人でぎっしり
ってことはないんですけど、

 

通常はディズニーランドって
並ぶ時間も結構な時間ですからね…。

 

 

いかに「何もない
ただ並んでいる時間」を
どういう気持ちで過ごしてもらうのか?

 

にも拘っているなぁって
感じましたね。

 

 

入り口。どきどき。。

 

 

 

いよいよソアリンの内部に
案内されて。

 

座席に座って、
シートベルトを装着。

 

私たちはちょうど真ん中の
ブロッグの右端の方でした。

 

 

緊張。

 

 

 

「ソアリンってどんなもんなんだろう」

 

「いや、とはいえ画像みながら
飛ぶだけでしょ(だいぶ曲解)」

 

「どんなんなんだろう」

 

 

と思って、始まった瞬間。

 

 

 

 

目の前に広がる大画面と
映像。

 

 

音楽と一緒に映像が移り変わって、
スキーのリフトみたく、
足元がふわああああああって
浮いた。

 

 

足下から眼科に広がる
壮大な景色。

 

海。

 

浮遊感。

 

 

 

うわ、やばい。

 

 

って一瞬で引き込まれました。

 

 

 

 

ソアリンは万里の長城やマッターホルン、
各国10箇所をハンググライダーで
飛ぶアトラクションです。

 

 

目から入る映像、

 

万里の頂上を歩いている人。
ハンググライダーで万里の頂上へ
近づいていく。

 

気分はまるでメーヴェに乗った
ナウシカ。

 

ソアリンは風とか水しぶきとかも
感じるし、
同時に匂いも感じることができる。

 

あまりに臨場感がすごくて

 

「私は自由だ…!!!!!」

 

「自由だあああああああ」

 

 

って叫ぼうかと思いましたw

 

 

草原や、花の香り。

 

視覚、聴覚、感覚の全てから
「旅を五感で楽しむ」という感情が
刺激されまくり、
ぶわわわわわって湧き出てきて。

 

 

 

 

 

 

「なにこれ」

 

「ヤバイ」

 

「ソアリンすごい」

 

 

 

自分がフライヤーに乗りながら
浮遊感を感じつつ、
世界中を旅している感覚。

 

最後に旅から戻ってくるまでの
ストーリーは、なんだか胸がいっぱいになって
ギュッと涙が出てきそうになるくらいでした。

 

(ここはもうネタバレを
しないのでぜひ乗ってみてください。

旅が好きな人なら絶対に
感動すると思う)

たった1つの超感動するコンテンツがあればいい

ソアリンで旅をしている時間は
ほんのわずか。
たった5分くらいです。

 

でもその5分に
めちゃくちゃ感動しました。

超満足。

 

 

 

こりゃ、180分並ぶよなと。

 

帳消しになるくらい、
密度の濃い5分でした。

 

 

 

私が旅が好きというのも
理由としてありそうですけど

 

視覚、感覚、嗅覚全てを
刺激してくるので
潜在意識にダイレクトに
訴えかけるものがある。

 

 

まーーじーーで強烈に心が動きます。

 

ぐわーーんと揺さぶられました。

 

 

本当に本当に
もう一回ソアリンのためだけに
ディズニーシーに来たい!

って思いましたね。。

 

 

ちなみに、私
正直本当にガチでディズニーに
興味のない女だったので。

 

並んでまで、混雑するところに
突っ込んでまで行きたくない。

 

 

って感じでした。

 

 

でもこのたった1回のソアリンの
体験によって

 

「ディズニーやべえ」
(語彙力)

 

って一気にファンになりましたね。

 

 

これって個人のビジネスでも
全く同じで
たった1つでいいから
「心が動きまくるコンテンツ」
があればファンになってくれます。

 

キラーコンテンツというか。

 

「この人めっちゃいい!」

 

って思ってもらえるコンテンツ。

 

 

 

だからこそ、
メリットとかの機能を書くよりも
自分の感情だったり、どんな気持ちなのか
どんな思いを持っているのか?

 

全力を込めて
コンテンツを作ると良いですよ。

 

平日に休んで旅行や娯楽を体験できる特別感

 

ってことで
今回は平日に学校休んで
ディズニーシーへ行ってきたので
ブログにしてみました。

 

やーー楽しかったなぁ。

 

 

 

後日、旦那の職場の人から
優待券も安くゲットして
家族でまた行こうかなあなんて
思っています。

 

 

うちは旦那も私も体力が少なくて
近くのシェラトンにのんびり
宿泊して翌日に帰宅しました。

 

 

 

普段ならルームサービスは
頼まないけど、
シェラトンはルームサービスも
そこまで高くなかったので
部屋でのんびり軽く麺類を食べて
子供と一緒に鬼滅の刃のYouTubeを
みながら過ごしました。

 

 

平日に学校休んで
ディズニーランドに行って、
宿泊して帰ってくるなんて
なんて幸せなんだろう、うちの家族笑。

 

 

看護師だった時も平日に
休んだりすることはできたけど
シフト制だったからなかなか
うまく調整できなくて、

 

ビジネスをしながら家族旅行って
結構厳しかったなぁ。

 

(キャンプで精一杯だった)

 

 

 

そう思うと、全然違う生活が
できてる今はありがたいなと
頑張ってよかったなと思うばかりです。

 

こうやって私のブログをみてくれたり、
私からビジネスを学びたいって
いってくださる方のためにまだまだ
頑張らないとですね!

 

 

ではでは。

 

 

最新情報をチェックしよう!