自分が幸せじゃないと、他人は幸せにできない
ママはもっとワガママになっていい。
キャンプ

出不精でインドア派だった私がキャンプにハマった理由

出不精がキャンプにハマった理由

どうも、2018年からキャンプにハマったワーママブロガーのうと()です。

今回は「私がキャンプにハマった理由」について。

「キャンプって疲れるんじゃないの?」「虫が嫌だから行きたくない」「キャンプ用品高いし…」「片づけが大変そう」

そんなキャンプへの先入観を持っているママたちに、

超出不精のインドア派で家でゲームが大好きだった私がキャンプの何に惹かれて、ハマったのか

ということを語ります。

今回はあくまでうと自身の考え、気持ちであり興味のある方だけ、お読みくださいね。

超出不精女・子供が生まれてちょっと変わる

ゲームに生きる軽いオタク系女子

うとは以前、出不精でした。高校生までは誘われても「面倒だな」と思うことが多く、休日も家で過ごしていることが多かったです。友達と同人をやっていたので、アニメイトはよく行きました笑。

大学生になり、多少マシになりましたが付き合い始めたうとパパも同じくインドア派。

休日も家で二人でゲームをしたり、お昼寝をしたり、そりゃ付き合いたての頃は映画に行ったりもしましたが…

うと
うと
ディズニーランドなんで混むし、遠いし、高いしで、デート先の候補になったことは一度もありません!

家で朝から晩までゲームをし続けることも珍しくありませんでしたね…。うと5時間、パパ5時間とかね笑。RPGが好きだったので、二人で同時プレイができないので…。

あれ?もう夜?みたいな。

お昼はお菓子でしのぐ、みたいな。

ベースはオタク系女子だったので、家にいることが許されるならお出かけより家にいたい、超インドア派でした。

男の子育児で、ちょこっと外出するように

そんなオタク系女子が生んだのは玉のようなかわいい男の子。

言われましたよ…実の母親に「え?男?ふ~ん(残念…って心の声が聞こえた)」って。女しか育てていない女親にはよくあるのかしら。

うとはその前に一人流産をしていたので、もうね「やったぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」って感じでございました。メンズ。あー少し仕事を休めるなぁってほっとしました。

世の心ないばばあたちよ、男の子育児ってとっても幸せですよ。だってお姫様扱いされるもん。だから男だろうが女だろうがほっとけよって話です。

脱線しましたが、男の子育児というか新生児は甘くなかった。

寝ない!寝ない!寝なーーーーーーーい。

寝付かすのが超大変。寝ない。抱っこ。おろす。起きる。抱っこ。寝る。おろす。起きる。

なかなかのループでした。

そんなんで、息子の体力を減らすべく午前中に支援センターに行ったり、散歩に行ったり、休日は大好きな鉄道博物館へ行ったり、大きな公園へ行ったり。

インドアだった私たち夫婦はやむを得ずお外に出るようになったのです。

実はパパがキャンプへの熱をひそかに温めていた

同じインドア派と信じて疑わなかったパパがある日、キャンプ熱を温めていることに気づきます。

あれかい?息子だし、家族みんなで楽しくBBQしている絵でも想像しているのかしら。

ファミリーキャンプ理想図

うとも小さなころにキャンプに行って、「楽しい!」って記憶がいまだに残っているので「二人目も少し大きくなったし一度キャンプやってみよう」という展開に。

出不精だけど、やりたいことはしたいというわがまま出不精なもので。

正直、実際に道具や情報を集めたりで、キャンプってこんなに準備が大変だったのね…と思いましたが、

キャンプで子供がはしゃいでいる横で両親が飲み物を飲んでいる

子供と一緒にカレーを作ったり、火おこしをしている

こんな図が中にふわわ~んと出てきて、「面倒」<「やってみたい」の図式が出来上がりました。

キャンプにハマった理由

実はキャンプっていいなぁと思ったのは1回目のキャンプより2回目のキャンプ。

1回目は場所取りやら慣れないテント設営やらタープが決まらないやらで、楽しい!と思う余裕があまりなかったのでしょうね。寒かった記憶が強烈に残っています。

2回目のPICA富士ぐりんぱの2泊キャンプは天気も良くて、キャンプ場も高規格で申し分なし、起きてすぐに目の前に見える富士山がかっこよすぎて…

「富士山、やばい」(単語力低くてすみません)

とキャンプの魅力に一気に取り込まれました。

詳しくはプロフィールでも語っています。

プロフィールアイキャッチ
うとってこんな人【2019年6月新規】 うとって誰だい?という方もいらっしゃると思いますので、自己紹介をさせていただきますね。 ぶっちゃけて...

うとが思うキャンプにハマった理由は以下3点。

1)家族で楽しく、ゆっくり団らんできる

家でぐうたら、たまに公園でピクニックでもいいのですが、家族で楽しく団らんってやっぱりキャンプならでは。

いやぁ…自由な我が子に「こらーーーー」も言ってしまうけど、家族だけの空間なので私たちも子供と一緒に何しようかなとかせっかくだし料理しようとか。

いつもは子供がテレビを見ながらうとやうとパパはスマホを見ていることが多いわけですけど、キャンプなら一緒にウノをしたり、火をおこしたり。

子供とゆっくり向き合う時間を取ることができます。

ちなみに上の子はまぁまぁな高確率で友達を作るので、語り合うよりも出かけている時間の方が長いです笑。

2)子供に様々な体験をさせることができる

キャンプって自然の宝庫。子供にとっては宝物がたくさんあります。

うと家の子供はメンズの割に虫が苦手なので、虫取りにはそこまで興味がないようですが、虫以外にも炭や焚火の火おこし、川遊びや魚釣り…

普段、都内に住んでいるとなかなか体験できないことをたくさん体験させることができます。

キャンプ場内で木登りをしたり、なんとなく子供が一回り頼もしく感じるのです。

火は危ない、とか熱いとか、どうやっておこすのとか…そういうのって、体験しないとなかなかわからないもの。

うとの目標は「火はおこせる男になれ」。

BBQとかでさっと火がおこせたり、焚火の薪を組んだりできると「お、違うな」って思いません??

ほんの少しだけ人より「これが得意」というのを持てたら良いな、と思ってキャンプでも様々なことをしてもらっています。

うと
うと
家で過ごしていれば便利だし快適ですけど、キャンプでは不便さを楽しむ、というのも魅力の一つですよね

3)非日常空間でパパが頼もしい

キャンプはテント設営やタープ設営、高速を使って遠出する…などパパの出番が増えます。

最初のころは設営に時間がかかって空気が悪くなることもありましたが笑、設営から子供の面倒から火おこしまでしてくれるパパが「頼もしいな~」と思うことが増えました。

家ではスマホを見てゲームをしたり、休日にうとが仕事から帰ってきてもご飯の一つも作っていないうとパパでもキャンプ中はいそいそと動いてくれます。

うと
うと
うとの担当は寝床の作成と夕ご飯の味付けとか、ご飯を炊いたり…子供とおやつを食べたり…笑結構少なめ。

ママはできないふりをして、ここぞとばかりにほとんどパパに任せちゃいましょう♡

ただし、その分帰ってきてからの片づけと夕食作りはうとの担当

うとは運転もしないので、これで良しとしていますが、この片付け+夕食作りが嫌でキャンプに行きたがらないママもいると思うんですよね…

うとも正直、キャンプの後の夕食作りは超絶面倒だな…と思っていますが、オイシックスでKitOisixを購入してからはかなり楽になりました。

4)焚火を囲んだお酒タイムが最高

キャンプで一番好きなのは…やっぱり焚火。

焚火を囲んでお酒を飲みながらパパと語って、子供はその間寝室で遊んでいたり、暖かい時期なら粘土遊びをしていたり。

この時間が最高に好き。

キャンプってこれだよこれ!って感じがします。

焚火の揺らぎって人を落ち着かせる効果があるんだとか。焚火のそばで火を見ているだけで暖かい気持ちになって、パパとゆっくり語りながら「幸せだなぁ…」としみじみ感じるのです。

うと家はうともパパもそこまでお酒を飲まないタイプですが、キャンプでのお酒は大好きです。

うと
うと
焚火ってホントに最高ですよ~!キャンプするなら焚火!

真夏のキャンプだけは焚火が難しいことがあるのですが…うと家は標高の高いキャンプ場を選んでなんとか焚火をしようともくろんでいます。

まとめ

ということで、うとがキャンプにハマった理由を語りました。

結局のところ…

キャンプが好きな理由

  • 家族とのんびりゆったり贅沢な時間を過ごすことができると日々の疲れがふっとぶ。
  • ぶっちゃけうともキャンプは疲れます

ということです(^^♪

疲れるけど、疲れる以上の癒しの時間が流れるキャンプ。

我が子の成長も感じられて、しかも色々な場所に遊びに行くこともできちゃうので(道の駅のソーセージもめっちゃおいしいです)、家族で何か始めたい方、休日は近場の公園ばかりでマンネリ化している…なんてママにもトライしてほしいです。

気になった方、勇気がでない方は問い合わせからメッセージください♡

うと
うと
タイミングが合うならグルキャンしましょう~!

ではでは。

うと()でした♪

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

無料で2つのプレゼントがもらえます。

うと公式メールマガジン

フルタイム看護師として日々忙しく過ごしている私。

  • 土日も仕事、また夜勤?と言われる
  • 余裕なさすぎて子供のサポートが不十分
  • 職場での人間関係でもら

自分に余裕がなく、子供にもイライラして怒る毎日。

「このまま、定年まで働くのかな?」ってふと思いました。

  • 自分の時間がない
  • 余裕がない
  • だから子供にも当たってしまう…

自己嫌悪の、日々でした。

そんな中、ネットビジネスで仕事を辞めて、在宅ワーカーになります!という呟きに出会いました。

その人とのやり取りをして、PC1台とネット環境があれば誰にでも自分の力で稼いで、

時間も、お金も自由になる仕組みを作れることを知ります。

もっと自分らしく生きるために、時間もお金も自由になるために仕組み作りを始めました。

私のメルマガでは

  • 今の仕事をやめるために始めたネットビジネスって何?
  • ネットビジネスって怪しくないの?
  • お金も時間も自由な働き方で得られる未来
  • PC1台とネット環境があればできる次世代の働き方
  • ただ働いているだけではお金も時間も自由にならない理由

など、ブログやツイートでは語れない濃い内容についてもたくさん語っています。

メルマガ登録者にはもれなく無料で以下をプレゼント(^^♪

  • ダブルワークから始める・自分が主人公の未来を手に入れる方法レポート(PDF28P分)
  • 1時間で5万円をゲットする秘密セミナー(合法です)
 

※ご登録はGmailもしくはYahoo!メールを推奨しています。
クリックして3分以内にメールが届いていない場合は

迷惑メールBOXに入っている可能性がありますので、迷惑メールもご確認ください。
ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。

メルマガ不要の場合は解除が可能です。

 

公式メルマガ