自分が幸せじゃないと、他人は幸せにできない
ママはもっとワガママになっていい。
キャンプ

【初めてのキャンプ②】10万!?キャンプ道具1式の初期費用と家計からの負担を減らす方法

キャンプの費用はいくらアイキャッチ

陸マイラー兼2018年からキャンパー活動中のうと()です。

今回はキャンプって最初に道具を一式揃えるのにいくらくらいかかるの?ということについて。

キャンプ道具って高いんですよね…

どこかのママ
どこかのママ
始めるのはいいけど、道具選びで失敗したくないし、いくらくらいかかるのか知りたい。

と家計を請け負っているママなら気になるはず。今回はある程度の品質を買った場合で計算してみました(^^♪

この記事をおススメする人

  • 今年からキャンプを始めたい
  • キャンプ道具って揃えるのいくらかかる?
  • ぶっちゃけキャンプって金持ちの道楽ですか?

いやいや、それよりも家計から負担しなくてもいい方法を教えてよ!という人は目次から一番最後までSKIPしてください。

では初め♪

キャンプ道具は高い、最初から揃えた場合

アウトドア用品ってピンキリです。世の中ピンキリものが多いのですが、特にアウトドアに関しては良いものはかなり高額ですし、ノーブランドのものだと安く済ませることができます。

ただし、キャンプは天候に左右されるので、自分たちの安全、という意味ではきちんとしたものを購入した方が良いです

うと家の場合、ふるさと納税で何点か揃えたのですがトータルの初期費用としては10万ってところ。キャンパーさんのブログを見ていてもだいたい10万前後見てねというところが多いですね。

うと家が初めてのキャンプで揃えたものは以下。

  1. スノーピーク アメニティドームM(40000円)
  2. DOD ナチュラルタープ (8000円前後)
  3. スノーピーク ソリッドステーク30㎝(3000円前後)
  4. ハンマー(2500円くらい)
  5. ユニフレーム ファイヤグリル(6900円)
  6. ロゴスファイヤーライター(800円)
  7. コールマンフォールディングチェア 2客 (4893円×2)
  8. コールマンナチュラルウッドロールテーブル (ふるさと納税)
  9. モンベル ファミリーバロウバッグ3つ(ふるさと納税)
  10. コールマン クアッドパネルランタン(ふるさと納税)
  11. ジェントスLEDランタン EX-136S(2800円)
  12. ロゴスグランドシート(3000円)
  13. ハイランダーインフレーターマットダブル(10000円)
  14. DODコット(9000円)
うと
うと
ふるさと納税パワーがありますが、10万くらいですね

夏に始めるなら寝袋は必要なかったりもするのですが、ハマりそうだからきちんとしたものを…と考えるなら10万はかかります。

ただし、テントに関しては結局うと家は評判の良いアメニティドームMは5回くらいしか使用しませんでした( ;∀;)最初はレンタルをしてお試ししながら良いテントを探すことを推奨。

テントをレンタルにすれば初期費用は5万くらいに抑えることができます。

以下必要な道具について解説します。

初めてのファミキャンで失敗しないために買うべきもの

①地味だけど、鋳造ペグ&ハンマーは必須

え~?ペグにお金かけるの…?という声が聞こえてきそうですが、うと&うとパパの中で何においても超重要な位置づけは岩をも砕くパワーのある鋳造ペグ。

ペグが強くないと設営に手間がかかるんです…キャンプ場によって地面の硬さってだいぶ違います。キャンパー入門書のガルヴィのオートキャンプ場ガイドには適正ペグ、という項目がありそれを見るとだいたいの地面の硬度がわかりますが…

鋳造ペグであれば地面の硬さを気にする必要がありません。

これ、超メリットですよ。鋳造ペグでペグダウンに体力を使わなくて良ければ、設営もスムーズ、空いた時間で家族でのんびりしたり、子供と一緒に遊ぶ時間ができるのですから♪

村の鍛冶屋さんのエリッゼステークなら黒以外にも色があるので、うとのように子供の引っ掛け防止として赤を選ぶのもありです。ペグは揃えるならまずは30㎝前後から。

鋳造ペグの長さポイント

  • 基本の長さは30㎝ 12本~
  • タープ用で風にも強いものを求めるならさらに40㎝を4本(メインポールのみ)
  • テントのしわを伸ばす目的のペグダウンなら20㎝もあり
うと
うと
うと家はカマボコテント2のメインにソリステ12本、サブのペグダウンに18㎝を8本(足りない)、タープ用に40㎝4本所有♪

村の鍛冶屋だと28㎝、スノピのソリステなら30㎝を12本あればまずはテントのメインのペグダウンはできます。

鋳造ペグを買うならハンマーも真鍮製にしてください。うと家が所有しているのはこちらでノーブランド品ですが特に問題なく使えます。ちょっと良いハンマーをパパにプレゼントしようか考え中(‘ω’)ノ…スノピがいい?

鋳造ペグは中古品でもメルカリで高値で売れるので、もし使わなくても売ればOK(^^)/

②テント編:ファミキャンには2ルームをおススメ

うとはファミキャンには2ルームテントを推奨しています。2ルームテントとは寝室+リビングが一体化したテントのことで、実はタープを設営する手間も省けるので初心者にも向いています。

テントはレンタルがおススメ

PICA富士ぐりんぱ全景

うとが2ルームテントいいな!と思ったきっかけはPICA富士ぐりんぱでのファミキャン。

ぐりんぱで見るのは2ルームテントの中で座りながら快適そうに家族がお酒を飲んだり、スマホを見ている姿。

うと家はタープ+アメニティドームだったので、タープの設営の後にテントの設営もあって、結局1時間以上かかることも多く…夏はマジつらい。※うとパパが。

その割にほとんどタープの下で行動していることが多くてアメニティドームはホントに寝るだけ。もう少しテントを有意義に使いたいなぁと実感。

うと
うと
あとね、アメニティドームは背が低いから腰が痛いのです…

評判の良さでアメニティドームMを購入しましたが、カマボコテント2に鞍替えした今の感想としてはファミキャンには2ルームテントの方が正直断然使いやすいです。

ということで、テント本体はまずはキャンプ場でレンタルから初めてみて、使い勝手を実感してみてから購入、が失敗しないコツです。

\まずはレンタルから。トライアルでお試し設営/

そらのしたでテントをレンタル♪

2ルームテントを体験して、家族で楽しくキャンプ

そらのしたはエルフィールドやランドロックがあるので、スノーピークは高いからいきなり買うのはちょっと…!という人におススメです。

一番簡単&楽なのはキャンプ場でテントを借りることですが、2ルームとなるとレンタルできるキャンプ場が限られるので事前に確認を忘れずに。

おすすめ2ルームテント

レンタル?いやいや、テントを買わなきゃ始まらない!という方もいると思うので、何点かご紹介を。

お馴染みコールマンのタフスクリーン2ルームハウス。アルミ合金で風にも強く、設営も簡単。お値段も45000円前後と超お手頃。個人的にはアメニティドーム買うなら断然こっち。

欠点はコールマンが被ることでしょうかね…コールマンとスノピは超被りまくり。

2018年12月に発売したスノーピークの大型トンネルテントのエントリーモデル(安い)。広くて、スノピの無期限修理対応補償もついて、80000円前後。トンネルテント(2ルームテント)デビューするけど、機能面が安定しているものが良い、という方にお勧めです。

さすがのスノピ、設営も簡単なのでキャンプ初心者でも安心です。

高コスパ、とにかく2ルームを試したいという人にはキャプテンスタッグのオルディナスクリーンツールームがおススメ。インナーテントの前後左右4面がメッシュで開閉できるので風通しがよく、暑い時期にもおすすめなテント。

有野実苑カマボコテント2タン

設営や値段からうとが所有しているDODカマボコテント2もおすすめですが…いかんせん手に入りにくいのがデメリット。

転売ヤーさんをまずは何とかしてほしいものです…。

グランドシート&インナーマット

グランドシート、インナーマットはテントのダメージを防いでくれるので、購入しましょう。地味だけどね。

  1. グランドシート→テントのさらに下に敷くシート。雨の時に下から水が入ってきたり、冷気を防ぐ地味だけど超重要。
  2. インナーマット→インナーテント(寝室)の中に敷く絨毯的な役割。ないと寝るとき結構つらい

グランドシートはブルーシートでも代用できるので、安く抑えたいならこちらもおすすめ。

テント内で就寝するときの快適性を考えるならインナーマットも必需品。

こちらはグランドシートとセットになっているもの。うとはこちらを所有。

なんかデザインがガチャガチャして苦手なのですが笑、安いのはこちら。

キャンプ場が芝生サイトであればインナーマットは銀マットでもOKですが、小石があると銀マットだけだと心もとない。快適じゃないとキャンプって楽しい!と思えないのでここはインナーマットにお金をかけた方が良いです。

③BBQグリル・テーブル・椅子類

デイキャンプでも使用できるのでBBQグリルは長持ちするものを購入しましょう。

BBQグリルはこれ一択です。どのブログを見ても、どのサイトを見ても圧倒的にこのファイアグリルが多いですし、事実超使いやすい。さすがのユニフレーム、頑丈さもバッチリ。BBQグリルは何も考えずにユニフレームのファイアグリルを購入すればOK。

テーブルは2つあると便利ですが(背の高い調理用と食事を食べる低いテーブル)、最初は兼用でも問題ありません。こちらは背の高いもので、調理などにも使えます。

こちらは高くも低くもなるコールマンのウッドテーブル。うとが所有しているのはこれ。テーブルはそこまでこだわる必要もないし、キャンプ場でレンタルしても良し(‘ω’)ノ

椅子はテーブル以上にピンキリ。

アウトドアの椅子って、ものによりだいぶ値段が異なります。最初はベーシックなタイプのもので良いと思いますが…

ロースタイル(低いテーブルを囲む)かハイスタイル(自宅のダイニングのような形)で選ぶ椅子のタイプは異なりますが、おススメはロースタイル。

なぜなら…おしゃれだから!!

…というのもありますが笑、実際ロースタイルチェアの方が素敵な椅子が多く選択肢が広がる、焚火台やグリル台が低いので、結局ロースタイルチェアは一つは必要になる。

のが理由。

最初の1台目ならヘリノックスのパチモンタイプのこういったタイプがお買い得。値段の割りに機能的にも良いし、焚火の爆ぜた火花で座面溶けますから…

とはいえ、天下のヘリノックスも1台持っておくと違いがわかります笑。うちの長男はあえてこれを選んで座ってるので、ワザとか?と思ったり。

子供用の椅子はキャプテンスタッグの鹿ベンチかうと家で使っているロゴスのタイニーチェアがコンパクトで子供も安心して使えます。

タイニーチェアアイキャッチ
キャンプで使うアウトドアチェア、軽量コンパクトなロゴスがお勧めな理由。アウトドアチェアって悩みますよね。うとのような子連れキャンパーで、積載量を減らしてかつ小さな子供でも座れるのはロゴスタイニーチェアが絶対おすすめです。うとが使用していて大満足の椅子について解説!...

行きつく先はアディロンダックか小川キャンバルのハイバックチェア。これを買ったらあなたは沼の仲間入り♡

④寝袋

実は寝袋って必須ではないです。個人的に布団でもいけるのでは?と思っています。というか子連れの場合、実際布団の方が使い勝手良かったりします。

うとは布団の方が好きです笑。

うと
うと
実際GWの軽井沢では電気毛布と布団でぽかぽかでした♪

寝袋だと軽いので上にかけても子供が剥いじゃうんですよね。いつのまにか袋から出て、インフレーターマットを上に掛けて寝ていたり笑。え?そこで寝ちゃうの?みたいな。

夏キャンプならタオルケット(標高が高いなら毛布)で十分。

キャンプを続けるかわからない…でも寝袋はレンタルに抵抗がある!(多分寝袋が一番抵抗があると思うのですが)という人は自宅の布団を車に積んで出かけましょう。正直布団が一番パワーあります。かさばるけど笑。

春秋デビューならまずはコールマンシュラフが良い

いや、布団汚したくないし、寝袋が必要な春・秋にファミキャンデビューしたいんだよという方はコールマンのシュラフが使いやすいです。

クリーニングOK、家族で使えて裏起毛で優しい肌触り。

シュラフはお値段が高ければ高いほど機能性が保証されるので、シュラフ最高峰を責めたい方はやはりNANGAですが…NANGA一味違いすぎるのですが…。

NANGA450アイキャッチ
NANGA450dxレビュー!4シーズン使える超快適な魔法のシュラフ三大シュラフメーカーのナンガのNANGA450オーロラdxを購入。最高・快適なNANGAシュラフ。NANGA450dxって冬キャンプで実際に使えるのか、寒くないのかを実体験でレビューします。4シーズン使えるような工夫も提案!...

30000円とかですからね、なら自宅から布団を持って行った方が満足できます。キャンプに寝袋が必要!なんてあくまでイメージですから(^^♪

インフレータブルマット

上に掛けるのは布団で良いのですが、下に敷くものはさすがに布団というわけにはいきません。

人気なのはキャプテンスタッグのEVAマットですかね。

ハイランダーのインフレータブルマットも使いやすいです。

インフレータブルマットもEVAマットも快適な寝心地、快適なキャンプを達成するためには必要な出費。ここをけちると腰痛が悪化したり、キャンプが嫌になっちゃうのでここはある程度お金をかけるようにしましょう。

⑤クーラーBOX

クーラーBOXは自宅にある方もいるはず。持っているならそちらを使いましょう。

うと家は軽自動車キャンパーだからいまだにソフトクーラーBOXです。意外と馬力ありますが、夏場はやっぱりハードタイプの方が良い。

クーラーBOXは買うならちゃんとしたものを購入した方が後悔がないと思うので、イグルーあたりが良いです。

いや、積載が…!といううと家のような方はソフトクーラーBOXのこちらが馬力があっておススメ。

クーラーBOXもですが、保冷剤に超強力なやつを買っておくと安心です。

⑥ランタン

災害にも使えるので、ファミキャンを始めるならまずはこの1つだけでも購入すると良いです。

ジェントスのLEDランタンEX136Sが最強です。暖色だし、明るいし、防水だし、小さいし。唯一の難点はリチウムイオン電池が使えないこと(普通の使い捨て電池を使用)。

1つは購入、1つはキャンプ場でレンタルだと金額的にも優しいです。※ランタンは最低でもテント内に1つ、外に1つと2つは必要です。

キャンプ場に来ると、周りのガスやガソリンランタンの暖色の色に惹かれます。案外、LEDの蛍光色って明るさを感じなくて、冷たい印象があります。

これね、うとはちょっと色味が白くて苦手だったので早々にメルカリで売ってしまいましたが、最初は使いやすくていいと思います。

このWAQというメーカーのタイプは韓国のルーメナーと同タイプですが、PSEを取得しているのでもし使わなくてもメルカリで販売できるのがメリット(^^)/1000ルーメンで暖色あり、機能はほとんどルーメナーと同じで、小さいけどクアッドランタンより明るい。

ルーメナーはPSE(電気用品安全法)をクリアしていないので、メルカリでは削除されてしまいます…

ポイント

キャンプ用品は実際に買ってみて、使ってみると「ちょっと違う」ということが良くあります。「だめだったらメルカリで売る」を視野にいれながら買うと「買っちゃった…どうしよう」という失敗を減らすことができます♪

自宅にあるもので代用できるもの

自宅であるもので代用できるものはどんどん代用しましょう。キャンプって初めてみると「あれも必要」「これも欲しい」と物欲が止まらない趣味。

最初は自宅にあるものを使い、「あったら便利だな」というものを少しずつ買い足していきましょう。

①料理道具一式

キャンプで使用する料理道具はアウトドア専用のものじゃなくても十分楽しめます。フライパン、鍋、フライ返し、お玉、しゃもじ、包丁…

あとはファミキャン憧れのツーバーナーも、便利だけど絶対に必需品かといわれると違います。カセットコンロで十分。

うとは積載的にツーバーナーは無理なので、いまだにシングルバーナーとカセットコンロで2口にしています笑。

②最初(と冬)は使い捨てが便利

コップやお皿はBBQ用の紙のものだと洗い物をしなくていいので楽。冬は全てのキャンプ場でお湯が出るわけではないので、使い捨てだと冷たい水で洗い物をしなくていいのでありがたい。

IKEAとか100均(セリアがいいよ)で揃えるのもリーズナブルに抑えられるます。

うと家はIKEAのプラスチックのフォーク、スプーンとコップにお皿、あとは割り箸をもっていっています。

この辺は自宅にある方も多いと思うので、自宅のものを使うか吉。

③ママには化粧水とハンドクリームが地味だけど超重要

個人的に超重要と思っているのがハンドクリーム。キャンプって設営、洗い物、焚火と手や肌が乾燥するんですよね…

うと
うと
うとは乾燥肌だからやばいくらい乾燥します。

私のお気に入りはユースキンハナ。本家ユースキンよりサラっとしているけど、かなりしっとり潤います。キャンプの乾燥度は高いので、ユースキンのようなコッテリ系ハンドクリームがいいです♪

あとは化粧水。焚火ってめっちゃ乾燥しますからーーーーー!!!キャンプにトライアルサイズの化粧水キットを持参すれば便利です。100均で空のボトルを買って、自宅で使っているものを詰め替えても良し。

まとめ:やっぱり10万くらいかかる

ということで、紹介したものたちを足すと合計でいくらくらいになるかを計算。家族4人(パパ・ママ・子供2人)をモデルケースとしました。

  • 鋳造ペグ(12本)&ハンマー  6000円+2500円
  • グランドシート(ユタカシート)  1300円
  • インナーマット 4000円前後
  • インフレータブルマット 12000円くらい
  • グリル  6900円
  • テーブル 12000円前後
  • 椅子4客 10000円前後
  • クーラーBOX  6500円
  • 保冷剤 950円
  • ランタン 2つ 13000円前後

合計75000円、コールマンの2ルームを購入したら12万くらい。シュラフを計算しないというかなり尖った計算ですが、暖かい時期にキャンプを始めるなら薄い布団で十分です(真夏はタオルケット)。

うとパパ
うとパパ
やっぱり10万近くかかるね~ 

うと
うと
長く続けるならサイト代はホテルより安いからお得だけど、最初にかかる費用は結構だよね

手ぶらセットがあるキャンプ場で、いっそ全部レンタルするのもありですよ(^^)/

区画サイトがおすすめアイキャッチ
【初めてのキャンプ①】ファミキャンデビューは不安だらけ!失敗しないサイトの選び方海外旅行好きな陸マイラー4年目兼国内キャンパー(2年目)のうと(Follow @Tuto0180114)です! 今回は初めてキャンプを...

手ぶらセットだと2ルームテントじゃないことも多いので、2ルームテントを試してみたいかたはこちらも使ってみてくださいね♪

\まずはレンタルから。トライアルでお試し設営/

そらのしたでテントをレンタル

2ルームテントを体験して、家族で楽しくキャンプ

…10万?そんなに費用出せない!というそこのママには最後にポイ活でお小遣いを稼ぐという方法を提案します。

お小遣いサイトでポイントを稼いでキャンプ道具の費用に充てるのもおすすめ

ポイントサイト、と言われるお小遣いサイトに登録して、クレジットカードの発行やサービスを使って、ポイントを稼いでキャンプ道具の初期投資にすると家計から直接キャンプへの出費が減らせます。

ポイントサイトってゆる~く集めても年間10万くらい稼げます。

うと
うと
ポイントサイトを知らないのって損してますよ~!

なんか怖い

なんか怪しい

そんな気持ちで使わないのはホントにもったいないなって思うくらい。

うともだいぶペースは落ちましたが、ポイ活4年目。年間10万くらいはポイントサイトで稼いでマイルにしたり、キャンプ道具への費用に充てたりしています。

特に最初の1年は銀行口座の開設やクレジットカード、FX講座の開設が初めてなので本気でやれば20万くらい一気に貯められます。

うと
うと
20万あればエルフィールドも買えちゃいますね♪

興味がある方はこちらから。

https://utolog.net/2019/02/20/hapitas-question/ https://utolog.net/2019/02/02/sideline-point/

キャンプやってみたい!でもお金が…というママは一度トライしてみるべし。「こんなにお得なのを知らなかったのか…」と今までの自分に衝撃を受けます。

やらないと損というか、損というか、勿体ない!!!!

うと一押しのポイントサイトはハピタス。怪しい…の先入観でポイ活を敬遠するのはマジで損してます。

\家族で貯めるなら圧倒的にハピタスが貯めやすい/

ハピタスでお小遣い稼ぎをして、憧れの2ルームテントですんなり設営♡

ということで、キャンプの初期投資額とどんなものが最低限必要なのかをまとめました。ファミキャンデビューの成功は準備にかかっています(^^)/

楽しいキャンプをするために本当に必要な道具とレンタルする道具を吟味して準備してくださいね♪

ではでは!

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

一緒に退職準備…しませんか??

2人目の育児休暇明け後、フルタイムとして夜勤をこなしながらの仕事育児必死でした。

子供に対してイライラと怒る毎日。仕事で愚痴ばかりの自分。

「私、一生この仕事、続けるの?」と沸いた疑問。

  • 毎日、ゆったり笑顔で子供と過ごしたい。
  • 時には平日キャンプに行ったり…
  • 「今日は行きたくない」といった子供に「いいよ」と言える。

そんな未来を夢見て、副業・ダブルワークを始めました。

資格にこだわらずに、可能性を試したい!

フルタイムワーママの春田うとがネットビジネスへトライしてこっそり退職準備をするためには何をしているのか。

有料コンサルやコミュニティで学んだ「お金も心も自由になる方法」ビジネスマインドPC1台とネット環境でできる働き方

「詐欺?怪しくない?」

「そんな働き方、信じられない」

そんなあなたの心の内が聞こえてきそうですが、ネットビジネスについて怪しさも含めて正直に惜しみなくメルマガで伝えています。

3つの特典

  1. 脱・資格でこっそり退職準備♡理想の未来を手に入れる方法(PDF28P)
  2. 初心者向け・無料で家族で海外旅行へ行く方法セミナー動画
  3. たった1時間で5万円をゲットする秘密のメソッド動画

をプレゼントしています♡

ぜひ、気軽にメルマガ登録してくださいね♪

無料で2つのプレゼントがもらえます。

うと公式メールマガジン

フルタイム看護師として日々忙しく過ごしている私。

  • 土日も仕事、また夜勤?と言われる
  • 余裕なさすぎて子供のサポートが不十分
  • 職場での人間関係でもら

自分に余裕がなく、子供にもイライラして怒る毎日。

「このまま、定年まで働くのかな?」ってふと思いました。

  • 自分の時間がない
  • 余裕がない
  • だから子供にも当たってしまう…

自己嫌悪の、日々でした。

そんな中、ネットビジネスで仕事を辞めて、在宅ワーカーになります!という呟きに出会いました。

その人とのやり取りをして、PC1台とネット環境があれば誰にでも自分の力で稼いで、

時間も、お金も自由になる仕組みを作れることを知ります。

もっと自分らしく生きるために、時間もお金も自由になるために仕組み作りを始めました。

私のメルマガでは

  • 今の仕事をやめるために始めたネットビジネスって何?
  • ネットビジネスって怪しくないの?
  • お金も時間も自由な働き方で得られる未来
  • PC1台とネット環境があればできる次世代の働き方
  • ただ働いているだけではお金も時間も自由にならない理由

など、ブログやツイートでは語れない濃い内容についてもたくさん語っています。

メルマガ登録者にはもれなく無料で以下をプレゼント(^^♪

  • ダブルワークから始める・自分が主人公の未来を手に入れる方法レポート(PDF28P分)
  • 1時間で5万円をゲットする秘密セミナー(合法です)
 

※ご登録はGmailもしくはYahoo!メールを推奨しています。
クリックして3分以内にメールが届いていない場合は

迷惑メールBOXに入っている可能性がありますので、迷惑メールもご確認ください。
ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。

メルマガ不要の場合は解除が可能です。

 

公式メルマガ