キャンプ

【C&C那須高原・快適すぎるサンルームキャビン詳細レポ】初心者の冬キャンプに最適な環境!

キャンプアンドキャビンズアイキャッチ

2018年6月からキャンパーデビューしたうと()です。

レビューが遅くなりましたが、年始に念願の大人気キャンプ場:C&C那須高原(キャンプアンドキャビンズ那須高原)、サンルームキャビンで宿泊してきました。

うと
うと
超快適!めっちゃ快適!
パパ
パパ
結構高かったけど…さすが子供にきゃんぷ!と謳っているだけあるね。ほんとに快適だったよ
じなん
じなん
また行きたい!きゃんぷあんどきゃびんず!
うとパパ
うとパパ
キャンプ中にほぼ必ず1回は「お家帰る」っていうけど、今回は一言も言わなかったな… 
うと
うと
それだけ快適&楽しかったってことよ!

いや、本当に心の底から快適な滞在でした。

サンルームキャビンは室内にトイレ、水道もあるので、小さなお子さん連れには使いやすい。
またサンルームがついており、薪ストーブもあるので、薪ストーブデビューしてみたい!という方にもお勧めできます。

少し値は張るけど、その分ものっすごく快適で初心者でも手軽に冬キャンプを楽しめるキャビンでした。

この記事をお勧めしたい人
  • C&C那須高原に宿泊してみたい人
  • 小さなお子さん連れの方
  • 冬キャンプのテント泊は勇気がいるけど、キャビンならトライしたい人

では詳細レポ開始!

C&C那須高原・基本情報

※以下C&Cはキャンプアンドキャビンズと表記します。

サンルームキャビン外観※サンルームキャビン外観

キャンプアンドキャビンズ那須高原・場所

キャンプアンドキャビンズ那須高原は那須インターから車で7分の利便性の良い場所にあります。

那須高原は避暑地!夏!というイメージが(私だけ?)強いのですが、冬のスキーも充実しており、年中観光客でにぎわっています。

特におすすめはお子さん連れの家族

那須にはりんどう湖レイクビュー、那須どうぶつ王国、那須サファリパーク、ハイランドパーク、モンキーパーク、アルパカ牧場…そのほか子供が喜びそうなプレイスポットが数多くあります。

また温泉やスキー場もあり、さらにアウトレットもあるので子供も大人も全員楽しめる場所なのです。

うと
うと
うとは高原・避暑地大好きですが、那須は子供も一緒に楽しもう!って感じの雰囲気なので、ぜひお子さんが小さい方は那須に行ってみてください♡

キャンプアンドキャビンズ那須高原・周辺情報

キャンプアンドキャビンズの周辺情報はこちら。

スーパー

スーパーダイユー那須高原店

営業時間 7:00~21:00

TEL 0287-78-1271

スーパーダイユーが最寄りのスーパー。車で10分ほど。
そこそこの規模で、アウトドア用品も子供のおもちゃもあり。
子供が持てる小さなカートもあって、これがまたうちの子が大喜び。

時期的にBBQ系の食材は少なかったです。
年始ということもありますが、いつ行っても割と観光客でにぎわっています。

ホームセンター

ダイユーのすぐ近くにコメリがあります。
ダイユーから見えるため地図は省略。

ただし、コメリはどちらかというと日常生活用品が多く、アウトドア用品は少な目。

ガチのアウトドア用品が必要ならビバホームの方が良いかも。

スーパービバホーム那須塩原店

営業時間 9:00-21:00

TEL   0287-60-7411

こちらはキャンプアンドキャビンズから車で20分程度かかりますが、大きなホームセンターなのでアウトドア用品なら品ぞろえ的には安心。

温泉は多数あり、遊びの帰りに寄るのもおすすめ

温泉は塩原温泉郷、というだけあり、数多くあります。

キャンプアンドキャビンズ内にも十分充実した内容の半露天風呂がありますが時間が16時~22時と決められていることもあり、混雑しやすいのがデメリット。

せっかくなら外の温泉に行くのもあり。

車で5分の源泉那須山は露天風呂付きの貸座敷もあって、2時間4000円(平日は2時間3000円)。運転の後にパパを少しゆっくりさせてあげるのもあり(^^♪

キャンプアンドキャビンズにも半露天風呂がありますが、ちょっと狭い(特に脱衣所)ので、近くの温泉に行くのもお勧めです。

源泉那須山

営業時間:10:00~22:00
利用料金:
平日10:00~16:00 870円(410円)
16:00~22:00 610円(310円)

休日 9:30~16:00 1020円(510円)
16:00~22:00 820円(410円)

※()内は子供料金、1歳~小学生まで。

キャンプアンドキャビンズ・場内MAP

キャンプアンドキャビンズの場内MAPはこちら。

キャンプアンドキャビンズ場内MAPサンルームキャビンは管理棟からやや離れていますが、それでも歩いて3分程度。
トイレ、洗面、水道付きなのでキャビン自体で完結できるのですが、キャンプ場の端の方に位置しているので静かに過ごせます

キャンプアンドキャビンズは管理棟をぐるりと囲ったテントサイト、キャビン一帯、利便性やバランスが考えられていて、キャンプ場全体としてまとまっています。

キャビンからWifiスポットは割と近くにありましたが、今回は使用せず。
つながりがいまいちでした。

各テントサイトからニョキっと出ている薪ストーブの煙突や焚火に煙が冬を感じさせて「いいなぁ…テント泊」と思ったり。

 C&C那須高原サンルームキャビン利用料金・予約方法

サンルームキャビン利用料金

キャンプアンドキャビンズのサンルームキャビンの利用料金はこちら。
表記は税込み。

バリュー レギュラー トップ
15120円 21060円 23760円

※各キャビンの値段は公式サイトを参照ください。

バリューは平日、レギュラーは金曜、日曜、トップは年末年始、夏休み、土が中心ですが、詳しくは公式サイトを。

料金には大人2名分の施設利用料、車1台までの駐車料金込み。
子供は無料、大人は1名追加で1500円必要になります。

うと
うと
キャビンは少しお値段が高いですが、この内容のキャビンをトップシーズンで探すと30000円は超えます…!
パパ
パパ
この値段なら泊まる価値のある値段だよね。

サンルームキャビン予約方法

キャンプアンドキャビンズの予約方法は主にオンライン。
毎月の月初めに3か月後の予約を入れられます。

2019年は予約方法に変更があり、GWを含む4/26~5/31までは3/15に予約開始。
6/1~7/31までは4/1に予約開始となっています。

サンルームキャビンの特徴の1つである薪ストーブを楽しむのは5月くらいまででしょうかね。

ちなみに今回は年末年始のうとパパの長期休暇中にどこかを狙っていましたが…
1日の朝早くにC&Cのサイトを覗いていたら年始にキャビンの空きがあり早速予約!

うと
うと
0時付近はサーバーが重くなる可能性もありますので、1日の早朝にちょっと日にちをずらして予約を取るのはありかも!

夏休みはじゃぶじゃぶ池もあってますます楽しくなるキャンプアンドキャビンズ、うとも9月のシルバーウィークあたりに再度狙っています。

焚火フリーク必見:薪情報キャンプアンドキャビンズ編

キャンプアンドキャビンズの薪は4種類。

  • 杉の細割→焚き付け用
  • 杉の中割→燃えやすいけど、火持ちしない
  • 広葉樹→燃えにくいけど、火持ちOK
  • MIX→全部入り

各500円。
薪ストーブ用に細割を購入したかったのですが売り切れており、杉の中割を頑張って燃やしましよ…

うと
うと
それぞれの木材の特徴を見て購入しましょう!
長男
長男
火持ちがいいからって広葉樹だけ購入しても火がなかなかつかないよ!
うと
うと
この着火剤だと15分程度持つため、火が付きやすく初心者さんに特におすすめです。

C&C那須高原サンルームキャビン特徴①薪ストーブ

サンルームキャビンの特徴その①はやっぱり薪ストーブ。

サンルームキャビン薪ストーブ
こやつです。

キャンプアンドキャビンズ内のコテージ類の中で薪ストーブが設置されているのはサンルームキャビンのほかはスイートコテージのみ。

薪ストーブを体験したい方はサンルームキャビンがおすすめ。
薪ストーブの火おこし方もチェックイン時に借りるファイルの中に書いてあるので、初心者さんでも気軽にトライできます。

ちなみに火おこしの時は長めの着火剤と火おこし用の細い木があると安心です。

うと
うと
うと家はいきなり斧を買う勇気がなかったのでとりあえずこういう細切れのタイプの薪を購入しました。
パパ
パパ
松ぼっくりは着火剤代わりになるし、枝を拾うのもありです。

ただし、拾った枝は水分が多くて煙がやたらと出る可能性があるのでそこは要注意。

C&C那須高原サンルームキャビン特徴②給湯・トイレありの充実施設で子供も安心

サンルームキャビンの特徴その②はシンク、水道(給湯あり)、トイレありの安心施設。
キャビン、バンガローの中にトイレのないところもあるのですが、サンルームキャビンにはトイレがあります。

うと
うと
小さいお子さんが急にトイレトイレ!となっても安心♪

サンルームキャビントイレこちらが洗面台?とトイレ。
トイレには便座温め機能付き。ウォッシュレットはついていませんが、便座温め機能だけでも十分。

冬に便座がひやっとしないのはホントにありがたいことです(^^♪

サンルームキャビンこちらがシンク。
洗剤はアウトドア用の環境にやさしいタイプを使用してくださいと注意書きが。

我が家が持っているのはフロッシュのブラッドオレンジタイプ。

エコベールも有名♪
こちらは大きいので小さめの容器に詰め替えてもっていくことを推奨。

C&C那須高原サンルームキャビンその他の特徴はこちら。

サンルームには薪スト+BBQテーブルあり

サンルームキャビンはサンルーム+室内の2部屋構造。
鍵を開けて入るとまずはサンルーム。

サンルームキャビン入り口ここにあるのが薪ストーブとBBQテーブル。
サンルーム内には電灯もありますが、夜になるとやや暗いかな?と思うので、特に夕方~にBBQを楽しみたい方はLEDランタンを一台持っていくと安心。

サンルームは土足OK。
冬の寒い時期はサンルームにさっと出られるようなスリッポンか安いスリッパを持参すると出入りがしやすいです。

こんなのが一足あると便利。

冬はサンルームの外側に一面ビニールが張られ、防寒対策されています。
サンルームだけあって日中日差しがある時間帯だとぽかぽかと暖かく気持ちが良い。

夜はかなり冷えるのでサンルームに飲み物や食材をそのまま置いても問題ないですが、日中は冬でもサンルームが結構暖かくなるので、食材系は念のためクーラーボックスを使用することをおすすめします。

キャンプアンドキャビンズテーブル

BBQテーブルはBBQしながらテーブルとしても使える優れもの。
周りもかなりBBQテーブルでBBQをしている雰囲気(匂い)でした。

網はついていませんので、グリルテーブルでBBQをする際は持参するか、現地で購入してください。

うと
うと
うとは冬はBBQあまりしないけど、キャンパーは冬でも夏でもBBQが多いようですね!

ロフトに天窓で大喜び

サンルームキャビンロフト天窓画像
サンルームキャビンにはロフトがあり、ロフトにもマットを敷いて寝ることが可能。
しかもロフトには天窓付き
たくさんの星を見ながら眠ることができるなんて…最高の贅沢です。

ロフトも柵が高いので、子供の寝相がよほどひどくても落ちないのではないかという構造。
これもし寝相で乗り越えたら結構すごい…

マットは上下合わせて5枚ほど設置。
このマット自体結構厚めなので、シーツや敷きパッドを敷けば、シュラフに入らずに眠ることが可能。

うと
うと
うと家のちびたちはすぐにシュラフからすぽーんと逃げ出してしまうので、シュラフを広げて掛布団のようにして眠りました。
パパ
パパ
毛布はレンタルしたけど、マット+毛布+掛布団シュラフで快適に眠れましたよ!

ちなみに夜はエアコンはOFFしました。初日付けて寝ましたが暑くて切りました…

キャビンがすっごく寒かったというコメントをみて、ホカペも持参しましたが不要でした。
不安であれば電気毛布で十分だと思います。

C&C那須高原・お勧め(忘れがちな)のもちもの

  • シーツ類(レンタルOK)
  • スリッパ、ダウンスリッポン
  • 細い薪+しっかりした着火剤(薪ストーブ初心者さん)
  • エコ洗剤
  • LEDランタン(サンルームでBBQをする場合)

ちなみに食器類、調理グッズ、火器類も付属していませんので持参しましょう(^^♪
あと、薪ストーブも匂いが結構出ます(つきます)ので、キャンプ用の上着を推奨します。

C&C那須高原その他施設情報

キャンプアンドキャビンズはさすが大人気キャンプ場だけあって、ランドリーやシャワー室、お風呂、売店、トイレ…すべての施設がかなり清潔に整えられています。

サンルームキャビンではトイレは使用しなかったので、次回テント泊の時に追加レポしますね。

コインランドリーは多数あり、いつでも使いやすい

ランドリー画像キャンプアンドキャビンズはコインランドリー室がサンルームキャビンから徒歩1分程度の場所にあります。

洗濯機+乾燥機も各5~6台あり。
終わったあとにすぐに気づけるようにタイマーも設置されているという心遣い。
確かに忘れてしまうんですよね…

洗剤は合成洗剤を使用せず、洗濯石鹸を使用することが推奨されています。
なければランドリー内に設置してあるガチャポンから1個100円で購入できます。

両替機もあるので、ご安心を♡

親子シャワー室もあり

コインランドリー中

コインランドリー室内にはシャワー室もあり。
露天風呂は脱衣所+洗い場も少し小さいため混雑が必死。

暖かい季節ならシャワーも手軽
親子でゆっくり入れるように広めのシャワー室です。

5分で100円なので、女性なら300円あれば入れるのではないかと…

このコインランドリー+シャワー室にはドライヤーも設置されていて、5分で100円
(※そのほか中央トイレ棟、第二トイレ棟にもあり)

ドライヤー…意外とないと不便なんですよね…特に冬キャンプでは頭から冷え込んでいくのでドライヤーは必須アイテムです。

ドライヤーって結構空くまでに時間がかかって家族を待たせることも多いので、こんなの一つ買っておかねばですね…

コインランドリー料金

洗濯機(4㎏)  200円/回
乾燥機     10分100円
洗剤      100円/個
ドライヤー   100円/5分
シャワー室   100円/5分

キャンプアンドキャビンズの炊事場は子供サイズもある

今回は使用していませんが、炊事場もあり。

自動販売機子供用の低めのシンクにスツールまで置いてある優しさ。
子連れ目線が半端ない。

キャビンではキッチンの台が高いのでもし親子でなにか作りたい場合はこの炊事場で皮むきやコメ研ぎをトライしましょう。

ちょっと反射してしまってますが、場内の自動販売機も種類が多い+お酒の種類もめちゃくちゃ豊富。

うと家のキャンプアンドキャビンズ体験+那須観光レポ!

ここからは興味あるかたのみでよろしくお願いします(^^♪

キャビンアンドキャビンズ前に那須の観光スポットで遊ぶ

南ヶ丘牧場当日はチェックインが14時。
那須へは渋滞もなく10時半頃に到着。

南ヶ丘牧場へいって超寒い中ウサギと散歩をしたり。
ヤギはやばいくらいのえさの喰いつきで長男が大パニックwww
ヤギが脱走していてほかの子たちも大パニックww

南ヶ丘牧場ではお正月イベントをしていたので豚汁と骨付きソーセージで暖まりました。

トトロの森画像チェックインまで少し時間があったのテディベアミュージアムのトトロの美術館に寄り、次男念願の猫バスと写真をぱしゃり。
規模は小さいけど、トトロ好きならおすすめできるスポット。

そう、写真にちょい出てくるトトロさんはここで買ったものです…
お年玉で購入(^^♪

14時を過ぎたので、ぼちぼちキャンプアンドキャビンズへ向かいました。
しかし風が強くて寒い日であった…

ロフトが大好物な子供たち

サンルームキャビンロフト画像サンルームキャビンのロフトの階段は幅が広めで斜めになっているので、うちの次男のようなちびっこでも自分で登れる階段。

子供たちはほぼロフトに住んでましたね…
ほとんど1階では過ごしてない記憶が…。

2人が持っているのはスキー場で購入したこちら。

スキー場にそり遊びにしに行きましたが、暖かい日だったので意外と雪が硬くて、思うように雪玉は作れず。
やっぱり北海道とは違うか…

サンルームキャビンファミリー画像
初日はシャトルシェフでおでん(大根、卵、白滝のみ)を持参、現地で練り物を追加し皆でいただきました。

保温機能もあって、味もしみるし、当日は練り物をいれば食事ができちゃう楽ちんさ。
もちろん下準備は必要ですが、鍋はやっぱり楽よね。

水煮の状態で保温しておいてカレーでもシチューにでもできるし、火を使わずに煮込むことができるのでキャンプには超重宝。

うと
うと
普段の食卓にも重宝してますよ!

超寒いスーパービンゴ大会+最高の半露天風呂

そんなこの当日は風があって寒かったわけです。
でもせっかくのキャンアンドキャビンズだったもので恒例のスーパービンゴ大会へ参加!

年始だったので大勢のファミリーさんが参加。
キャンプアンドキャビンズが初めてだったうと家は場所取りも遅かったので…

テントの外でビンゴ大会へ参加。
風が吹いてて、しかも日は落ちて真っ暗。
もうね…
もう。

すっっっっっっっっごく寒かった!!!!

マジで寒い!!
生命の危険!

死ぬかも…!!!

というくらい寒かったです。
次男、あまりの寒さ・生命の危機に眠るという逃避行動に移りました。

お兄さんが寒さを吹き飛ばすような司会のテンションで頑張っていましたが、寒さの記憶しかありません。

風がなければ違ったのでしょうが。
冬のスーパービンゴは寒いから防寒対策バッチリとね!

うと
うと
終了後はダッシュで露天風呂へ。

キャンプアンドキャビンズのお風呂は脱衣所が少し狭いので、かなりぎゅうぎゅう。

シャワーも水をたくさん使わないようにか結構連続でシャワーが出るボタンを押し続けないと流せないので、なかなか大変でした。

でも半露天風呂はすっごく快適。

うと
うと
これよこれこれ~幸せ~~~

身体の芯から凍っていたので、しばらく入り続けてしまいましたよ…。
キャンプアンドキャビンズの露天風呂は16時~22時と少し時間制限があるので混みがちなのでご注意くださいね。

スキー場でそり滑り、クリスタルハンターに大忙し

翌日はスキー場へそり遊び。
キャンプアンドキャビンズへ戻りクリスタルハンターに参加した後はお風呂→キャビンでまったり。

じゃぶじゃぶ池画像

じゃぶじゃぶ池もすっかり水を抜かれていましたが…夏はこれまた楽しそう。
今回は食べる時間がありませんでしたが、ピザも食べてみたい。

実は公園にも連れていけ~と言われていましたが、キャンプアンドキャビンズ+那須観光と詰め込んでしまったので、クリスタルハンターが終わってお風呂に入ったらもういい時間。

キャンプアンドキャビンズ内の公園で遊ぶ暇がなかった…。
寒さ的にも母の気合が足りなかった…

キャンプアンドキャビンズだけでも十分に滞在できるくらいのイベント+充実さなのに大好きな那須で那須観光とそり遊びを入れてしまったので…

うと
うと
次はキャンプアンドキャビンズをしっかり堪能せねば!!

2日目の夕食は買いだしたお肉でBBQ。
南ヶ丘牧場で購入したゴールデンガンジーのヨーグルと入りのチーズ(スモークアーモンド味)が秀逸なおいしさでした。

一度食べてみてください。おつまみに最高。
ホントにホントに超おいしいです。
スモーキーな香りが鼻に抜けて、チーズがあっさりだけどコクがあってやめられません。

うと
うと
FOODEX JAPAN2015で金賞受賞したそう!!

金賞受賞も納得できるおいしさです。

最後はお汁粉で締め

最終日の朝はうとパパにお願いして少しだけ火を熾してもらい、お餅を焼き焼き。
お汁粉にしていただきました。

おもち画像
うと家は体力的な問題もあり、最終日は割と午前の早い時間帯に帰宅することが多いです。
渋滞予防込み。

少しだけお土産を買って、午前中のうちに自宅へ向かいました。
は~~~楽しかった~~~。

まとめ

那須は今回で4度目。
初めてのキャンプアンドキャビンズ(ゆる冬キャン?)サンルームキャビン体験。

噂にあるように本当に子供向け、子供目線、子連れには最高のキャンプ場でした。

  • いかに子供が楽しむか。
  • いかに子供が遊びやすいか。

そんなことを考えて作られているのだろうなと感じるキャンプ場自体の心地よさ。
スタッフの気遣いやアクティブさ。

子連ればかりなので、多少騒いでも肩身も狭くならないですし(キャンプアンドキャビンズのキャンパーさんのマナーなのか音や子供たちは全く気になりませんでした)。

何よりいつも夜には「お家帰りたい」病を発動するうちの次男が一度もお家帰りたい…
と言わなかった。
これってすごい!!!

ほぼ100%の確率でお家帰りたい病を発動するのですが、一言も言わず。

じなん
じなん
キャンプアンドキャビンズ帰りたくない。ここにいる。ここにいたい

と最後は泣いておりましたよ…。
うとは驚きでございました。

おすすめポイント
  1. 冬の薪ストーブ体験ができる。
  2. 冷暖房完備、室内トイレ、給湯付き水道あり乳児連れでも安心
  3. ロフト+天窓で星を見ながら就寝
  4. 管理棟から離れていて静かに滞在可能

こんなメリットがあるキャンプアンドキャビンズのサンルームキャビン。
ぜひ宿泊してみてくださいね!

よろしければこちらもどうぞ。

キャンプ予約アイキャッチ
【キャンプ場の予約方法】まとめ~関東Ver.~GW情報あり!【この記事は2019年1月に書きました】 どうも、2018年6月からキャンパーデビューしたうと(Follow @Tuto0180114...
冬もアウトドアがしたい!冬のキャンプに必要なものを考えた。冬のアウトドアに必要なものは夏とは全く異なります。電源サイトを利用した場合はホカペ推奨。そのほかストーブ、ラグ、シュラフ…今回はうとの推奨商品を説明。...
サンルームキャビン
【憧れのC&C那須高原!】年末年始はいよいよ冬キャンデビュー!?冬キャンプに興味が出てきたので、ついにC&C那須高原を予約!サンルームキャビンで無理をしない、ということがモットーなので貧弱ですが…...

ではでは~。

うとでした。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村