副業

Amazon オーディブルは読書嫌いに目からの鱗の読書法!隙間時間の有効活用も。

オーディブル登録アイキャッチ

皆さんは読書ってしていますか?

うとは正直、小さなころから読書が苦手。
本を読め、本を読めとずっと言われて育ちました。
漫画は大好きでも読書は図書館で借りるだけ。
返すのも忘れる始末。
ハリーポッターすら1巻で終了です。

でも大人になり、母になり。

  • 自分が経済や社会についての常識を理解しきれていないことが多い。
  • 子供にうまく説明できない

ということが多いなぁと気づき…。

インプット=自分の学びを得る、ということの重要性に気づきました。

でも時間がない!
子育てをしながら読書をしている時間はほとんどありません。

そんな時キャンペーンをやっていて初めて登録したAmazonオーディブルに出会い、目から鱗がおちました。

うと
うと
耳から聞けばインプットができる!!!
家事、通勤の隙間時間を読書に当てたらいいんだ!!!

ということで、今回はAmazonオーディブルを紹介します。

この記事をおすすめしたい人
  • 読書が苦手だけど知識を得たい人
  • 忙しくて読書をする時間がない人
  • 家事や通勤の時間の有効活用をしたい人

でははじめ~。

オーディオブック・Amazon オーディブルとは?

オーディオブックとは

ナレーターや声優さんが朗読した「聴く本」のこと

文学、ビジネス、自己啓発、落語、洋書…
いわゆるベストセラーといった小説や受賞作家のタイトルも「耳で聴く」ことのできる本

家事をしている間や通勤の間、運転中などの日常の中で有効に使えない時間を「本を聴く」という時間に替えることができます。

このオーディオブックの「耳で本を聴く」という機能、読書が苦手で
活字恐怖症の方でもすんなりと読書をすることができます。

うと
うと
うとは超・読書嫌い&苦手でインプットがなかなか進まないタイプなのですが、これに出会ってから世界が変わりました!!
パパ
パパ
本読むの嫌いだもんね
うと
うと
時間が取られるからね…あと、ゆっくり読む暇がないのと…活字がちと苦手という…(ブロガーあり得ない発言)

うとの場合、キャンペーンでAmazonオーディブルに登録したのがきっかけですが、継続して使用。

様々なビジネス書籍やおすすめされていると言われている本を読みたくてもなかなか読む時間がなく…
難しい文面だと最初の数ページでギブしてしまっていたうと。

Amazonオーディブルのおかげで1か月に3冊前後は本を読める(聴ける)ようになりました。

1か月に3冊×12か月=1年に36冊前後はインプットの数が増える!!

時間のない方、読書が苦手な方でも楽しく本に取り組むことができて、超・画期的。

うとのように読書が苦手な方、隙間時間を何か有効に活用したい方は一度登録してほしいサービスです。

Amazonオーディブルとは

Amazonオーディブルとはオーディオブックの中でAmazonが提供しているサービスのこと。

現在40万冊以上のラインナップがあり、スマホだけではなく、PC、Alexaにも対応しています。

Amazon echoを所有していれば自宅で「Alexa(アレクサ)、本を読んで」と声をかけるとオーディブルを開始してくれたりとスマホをいじることもなく本を聴くという作業が可能。

うと
うと
料理をしてるときとか便利!!

天気から音楽から本を読む機能まで付加されているAmazonのechoシリーズ。
Amazonユーザーは1台所有していても損なし。
うとが所有しているのは一番お値打ち価格の小さいタイプです。

Amazon オーディブルのメリット

メリット①多彩なナレーター

Amazonオーディブルのメリットは多彩な声優・ナレーター。
朗読ってすごい
耳から入りやすいペース、声のトーンで本を読んでくれます。

うとが聴きやすいと感じたのは堀江貴文さんの多動力。

こちらは朗読は片山公輔さん。
まだそこまで多くの出演作はありませんが声優さんです。

多動力自体が読みやすい本なのでしょうが、Amazonオーディブルで耳から聴くのにすっごく適している本に感じました。

内容が難解ではなく、すす~っと頭に入っていくのでこちらはおすすめ。

うと
うと
聴くだけで、やる気になってくる本なので、ぜひオーディブルでながら聴きをしてみてください。

こちらは社会勉強のためにダウンロードしましたが、ちょっと難しくてなかなか頭に入らず…。

同じ片山公輔さんですが、内容が難しいと耳だけではちょっと理解に時間がかかります。
2回ほど流してようやく理解できたかなという感じでした。

ラノベ好きには魅力的な声優ラインナップ

Amazonオーディブルですごいのはアニメで主役をやっている声優さんが朗読している本がいくつかあること。

ゼロの使い魔の釘宮理恵さんが1巻を読んでくれるらしい。
すごくね?
通常は3000円なのでさすがに高くない?と思いますが、オーディブルのコインで購入すればOK。

ラノベ系は「この素晴らしい世界に祝福を」の雨宮天さん、高橋李依さん、茅野愛衣さんの朗読を聞くことも可能。

そのほか、芸能人では杏さんや田辺誠一さん、上川隆也さん、糸井重里さん、田中麗奈さん…

声優では日高のり子さん、緑川光さん、大塚明夫さんなど。
超有名ところ多数。

個人的には自分の好きな声優さんに本を読んでもらったらかなりテンションが上がるかもしれない…と妄想中。
オーディブルの価値はここにあるのか笑?

メリット② 30日間無料体験ができる

Amazonオーディブルのメリット①は30日間無料でお試し体験ができること。
この無料期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

オーディオブックを使ったことがない方にすごくいいから使ってよ!1500円ね!と言ってもなかなか使う気になれませんが、Amazonオーディブルは30日間無料体験ができ、1冊無料でダウンロードが可能。

通勤の1時間がもったいない…何かできないかな
運転中って運転以外には何もできないから不便だな

という方はまず無料お試しで一度体験してみてください。
Amazonオーディブルの素晴らしさにハマること間違いなしです。

メリット③ 会員ランクが1つで簡単

Amazonオーディブルには会員のランクはありません。

1コースのみ、1500円/月。
そのほかのオーディオブックは値段のコースが多数あったり、最初はどのコースに申し込むべきなのかちょっと戸惑います。

その点、Amazonオーディブルは1500円コースだけなのでわかりやすい。

ただし、1か月1500円を高いとみるか低いとみるか…。

同じAmazonのサービスでもamazon primeは年間3900円(税込み)。
ひと月325円(税込)。

5倍だからね…
ちと高い笑。

メリット④ 返品自由!返品をすると月に2冊程度は借りられる

Amazonオーディブルの最大のメリットは返品が自由。
購入してから365日以内から無料で返品をすることが可能です。

返品はスマホのAudibleアプリからはできないので、パソコンのブラウザ上で返品処理をするか、スマホであればChrome(PC表示にする)からであれば返品可能。

Amazonオーディブルではオンラインでサクッと返品することができます
すぐにコインに戻るため一度聞いてから「もうこの本はいいや」と返品→新しい本をコインで購入を繰り返し、1か月で3冊も4冊も購入することが可能。

ただし
オンラインで返品の手続きができるのは7~8回程度まで、という噂(ツイッターで、個人差あり)。

返品はあくまで

  • ナレーターが気に入らない
  • 本が気に入らない
  • 間違って購入してしまった

などといった場合に使う方法であって、何回も違う本を聴くための返品処理ではありません。
そこは注意。
まぁ物はいいようでして、うまく返品機能を利用するのはありだと思います。

長男
長男
8回以降の返品はカスタマーセンターにメールを送れば対応してくれます(^^♪

これもメールでのやり取りなので、簡単。
悪質な使い方で返品者が続出すれば返品対応の規約は変わるかもしれませんね。

メリット⑤ 解約をしても購入した本は聴くことができる

Amazonオーディブルでは一度購入した本は、Amazonオーディブルの月額会員を解約しても聴き続けることができます

解約をするとサービス自体が使えなくなることも多いのですが、ここは安心。

無料でお試しで購入したものの、自分には向いていないなと判断した場合は解約。
その期間に購入した本はずっと聴き続けることができます。

うと
うと
Amazonオーディブル以外にもオトバンクのaudiobookや小説特化のKikubonなど、自分と相性が良いところを探すのもあり!

メリット⑥ 音速を変えることができる

オーディブルは朗読の速度を変更することができます
0.5倍(ゆっくり)~3.5倍まで。
オーディブル再生速度画像こんな感じで。
2倍くらいだとちょうど良い。

オーディオブックでの朗読は比較的ゆっくり目に読んでくれるので、2回目、3回目の朗読とリピートするときは2倍速くらいにすると聞き流しができます。

「耳で聴く」というのは「自分で読む」よりも記憶も流れがちです。

しっかりと頭に入れたい内容であれば

オーディブルで一度聴く→本を読む→オーディブル2倍速でリピートする

という流れをくむのがおすすめ。

Amazonオーディブルのデメリット

もちろん、メリットばかりじゃないです。
デメリットもあり。

デメリット① 値段が高い

Amazonオーディブルの最大のデメリットは値段
1か月1500円という会員価格設定とさらに非会員者には非常に高く感じる1冊あたりの値段。

オーディブル用の販売している本は例えば

メンタリストDaigoさんのこの超集中力だと2500円。

通常の販売であれば

1512円…

オーディブル会員の場合、オーディブル用の本は30%割引になるので1750円になります。

オトバンクのaudiobookは通常の販売している本と同じ値段でオーディオブックが購入できるので(超集中力だと1512円)、オーディブルの方が高い。

デメリット② 本のラインナップが少なめ

オーディブルはビジネス関係の本の種類がやや少なめ。

だいぶラインナップは増えてきましたが、うとが読みたい(聴きたい)と思っているビジネス、経営系はaudiobookの方のラインナップが強め

うとの場合、通勤時間もトータルで45分程度なので1か月2冊とか3冊くらいしか聞けないためまだまだオーディブルでいいかなと思っていますが…

長男
長男
2019年1月の時点ではAmazonオーディブルかaudiobookが使いやすいよ!

 

Amazon オーディブルの登録方法

Amazonオーディブルの登録は簡単。

Amazonオーディブル登録方法
  1. Audibleのページへ行く
  2. Amazonアカウントのサインインをする
  3. 30日間の無料体験を試す、というページをクリック
  4. 申し込み(有料会員後はクレカ払いのみ)
  5. 内容確認
  6. 登録

まずはこちらからAmazonオーディブルのページへ移ります。

スマホではこういう画面に映るはず。

オーディブル登録ページ画像
AmazonオーディブルはAmazonのサービスなので、Amazonアカウントでのサインインをしてください。

もしAmazonアカウントがないよという方は新規登録でAmazonアカウントを作成しましょう。

オーディブル金額画面画像Amazonオーディブルは30日間は無料ですが、30日を超えると1500円/月かかるようになります。
30日以内であれば無料ですが、1日超えると請求がきますので、ご注意を。

支払い方法はクレジットカード。

Amazon オーディブルの基本・コイン制とは

Amazonオーディブルは1か月1500円(税込)。
コイン制です。

1か月に1コインがもらえ、1コインでどの本を購入(ダウンロード)してもOK
1コインは値段の上限とかがないので、高い本を購入するのがお得といえばお得。

1500円で1コインなので、1か月に1冊は絶対に購入できます。

また、返品処理をすると1コインすぐに戻ってくるので、新たな本を購入することも可能。

Amazon オーディブルおすすめの本5選

うとは通勤時間とお迎えの時間くらいしか聞けていないので割とまだ冊数が少な目ですが…

やっぱり堀江貴文さんの本は聴きやすくてすんなり入っていくのでおすすめ。

メンタリストDaigoの本もブロガーとしても日常のビジネススキル的にもおすすめ。
こちらはKindleでも購入済み。

これね、母がいるときに大音量で聴いてみようかと笑。

池井戸潤さんの下町ロケット。
こういう小説をじっくり朗読で聴くのも贅沢な時間。

子育ては頑張らないのが一番ざんす。
育児本を読む時間がないママにも気楽になれるし、おすすめ。

うとはインプットをしたい、隙間時間を有効に使いたい、ビジネスや社会の知識を身に着けたい。
という気持ちが強いためこういった選出になりましたが、割とビジネス書も充実してきたのでまだまだたくさんの本を聴いていきたいと思っています。

 

まとめ:Amazon オーディブルは読書の苦手な人でも本がすらすら読める新しいインプット方法

Amazonオーディブルに全く興味のなかったうとですが、サービスを始めてみると
読書にこんな方法があったのか…!!と目から鱗の衝撃でした。

隙間時間を有効に使えて、さらに苦手な読書が耳から聴くことができる

これ、うとのように隙間時間を活用したい人。

  • 家事をしている時間
  • 育児中(子供を抱っこしていないといけない時とか)
  • 通勤中
  • 運転中

こういった時間を有効活用するのに超おすすめできる方法です。
アメリカでは割と前からあったのですが、日本ではまだまだ市場規模的にもこれから。

毎日が忙しくて暇のない日本人にはぴったりの読書方法です。
ぜひ、試してみてください。

 

では~!