自分が幸せじゃないと、他人は幸せにできない
ママはもっとワガママになっていい。
子育てと日常

【ママ友付き合いは必要!?】苦手なママ友へのスルースキルの磨き方

ママ友付き合いアイキャッチ

ママ友付き合いってありますか?
子供が生まれたとき、もしくは保育園や幼稚園に入ったとき、ママなら一度は不安に思ったことがあるはず。

ママ友って子供ありきの関係なので、普通の友達と違ってちょっと特殊。
楽しい出会いなら良いけども、必ずしも楽しい出会いだけじゃありません。

保育園や幼稚園といった決められたコミュニティの中の付き合いなので、価値観が違ったり、意見が合わなかったり、なんとなく苦手だったり。
自分がストレスを抱えることも少なくない。

今回は会社でも12年以上女社会で生きているうとが身に着けたスルースキルの方法と、自分の時間の考え方とママ友付き合いへの応用について書くことにしました。

今回の内容はこちら!

  • ママ友と普通の友達との違い
  • 苦手なママ友への対処法
  • スルースキルとは。~うとの例
  • 自分の時間の価値
うと
うと
うとは正直ママ友付き合いをしている時間がありません!
うとパパ
うとパパ
嫌いなだけでしょ… 

では始め。

ママ友と普通の友達との違い

ママ友と友達
長男
長男
ママ友って普通の友達とは違うの?
うと
うと
おお、そんなことを!ん~…ちょっと違うかな。

ママ友:子供が出来てから子供を通して仲良くなるママ

友達:自分が学校や社会生活を通して意気投合した人

これだけでもだいぶ違うのわかりますかね。

ママ友って子供が出来て、子供ありきの付き合いなんです。

うと
うと
この基本的なことがわからないとスルーできなくてうまくいかないと辛い。

普通の友達って学校、社会で自分が気の合う人と仲良くなって友達になる人なので、自分が選んだ人。
対してママ友は

  • 子供ありきの関係だから、自分が選んだわけではない。
  • 保育園、幼稚園といった限定されたコミュニティの中での関係なので合わない人が当然いる。

これ、ママ友を作る上でも、スルーしたい場合でも考えとしてめちゃ大事。
子供同士で遊んでいるともともとの友達だったと勘違いしがちなので、注意が必要。

苦手なママ友がいる・人づきあいが苦手な人はどうしたらいいのか。

では本題に。
ママ友ってそもそも子供ありきの関係なので、子供同士が仲が良くて、親も意気投合するというパターンもあります。

でも逆に苦手なママ友がいる、という問題も出てきます。

保育園でのママ友付き合いって割と希薄で普段は行き・帰りの挨拶と帰りに立ち話をするくらいなのですが…、たまにいるんですよね。

みんなと仲良くしたい。
LINE教えて!
今度遊ぼう!

と苦手なこっちの気持ちを考えずにぐいぐい押してくるタイプ。

だいたいそういう方は中心的な人物で、その周りにも似たようなママが集まっています。
そういう人に嫌われたらどうしよう…とか誘われたから嫌だけど行かないと子供が無視されたら困る。

と無理して誘いに乗っていくこともあるでしょう。

人づきあいが苦手な人、集団が苦手な人へ

また、うとのように人づきあいがあまり得意ではないというタイプのママもいらっしゃいますよね。

うとは正直、大多数の飲み会は好きじゃないし、忘年会はいつも仕事か子供のことを言い訳ににて休んでおります(※苦情は受け付けません笑)。

うともちと苦手なママに飲みに誘われて一度だけ行ったのですが…

うと
うと
めっちゃ疲れた。
ほんっとにつかれた。
うとパパ
うとパパ
俺も正直すごい疲れたよ 

うと家はうとよりもパパの方が交友スキルが高いものの、苦手なタイプは一緒なので結果二人とも疲労困憊で帰宅してきました。

長男
長男
ぼくはすっごい楽しかった~
うと
うと
ちょうなんがそう言ってくれるだけでまだ救われるよ…

相手を気にしすぎないことで気持ちが軽くなる。

実はあなたが思っているほど相手はあなたのことは気にしていません

飲むのが好きだから誘う、みんなで集まるのが好きだから誘う。
その辺にいたから声をかけた
と相手も思っているかも。

断ると相手に悪い…と思い、自分が無理をして。
結果、自分がすごく疲れているというのは損じゃありませんか?

私は自分がこの費やした時間、一人で考えて気を使って、無理をして笑って、しまいには旦那まで疲れさせて、あ~こんなことなら断っておけばよかった…と反省。

その次に誘われたときは「明日仕事で朝早いから」と断ってしまいました。
子供は残念そうでしたが、前回の教訓から無理はしない!と誓っていたので、意を決して断ったうと。

相手は「そっか~じゃあまたの機会に!」くらいの軽いテイスト。

な~んだ、と自宅でほっと一息つけたのです。

社会でも応用できるスルースキルの磨き方

以下はうとが12年間女の社会で生き続けて、いろいろな紆余曲折がありましたがここまで悟りを開いたスルースキルについて。

スルースキルっていうのは苦手だったり嫌だなと思ったり、もしや無視されてる?とか悪口言われてる?とか今嫌味言われた?
と数々に感じるマイナスの出来事、考え。
自分に関して言われている、思われている(と自分が思い込んでいる)ことをすべてスルーする技術のこと。

ママ友に関してもこのスルースキルの技術を磨くことはストレスがなく自分が過ごすためにとても大事。

これ、とっても参考になります。
そう、敢えて鈍感力を身に着けるのです。

スルースキル=鈍感。自分のことだけ考える力

スルースキルっていうのは敢えて鈍感になること。
これ、できそうで意外と難しい。

特に若いころや独身の方は割と会社での出来事が生活の中心になってしまうので、他の人が飲み会を計画していたり、旅行の話をしていたりすると気になったりして…

なんで気になるのかは謎。
仲間外れにされたくないという潜在的な意識でしょうか。

うと
うと
でもね、もしその飲み会に誘われて自分が行ったって楽しくもなんともないんですよ!
長男
長男
経験者は語るね~

聞こえないふりをする。
知らないふりをする。
これって鈍感力をあげるってことです。

鈍感力を上げて、意味のないことに時間を費やさない。
自分の価値のあることに時間を費やす。

こういう考えに切り替えていくとスルースキルはますます磨きがかかってきます。

スルースキルはこうやって身に着ける

スルースキル①ストレスには近寄らないこと

自分が嫌なことには近寄らないこと。これがすべて。
例えば大人数の飲み会とか、苦手な人の誘いとか。
特にママは子供のことで忙しいんですから、断っても他人は何とも思いません。気にしないのが一番。

SNSでの炎上や避難に関しても気にしないのが一番。
スルー。みない。

②冷静でいる。冷静でいることを装う。

うとのような女社会で生きていると特に多い感情的な人。ほぼ感情的でいつも「また怒ってる」という人もちらほら。

感情的にならず、冷静でいつも同じテンションでいることは自分も楽です。
また感情的になりたくても抑えて、冷静さを装うことで時間が経過するとともに冷静さを取り戻すことができます。

感情的になると良いことありません。
いつも平静、フラットに。

うと
うと
まぁ社会生活では割と冷静なうとですが、子育てでは感情的に怒ってばっかりですけどね
じなん
じなん
ママのバカ
うとパパ
うとパパ
感情的に怒るのが良くないって自分で言ってるのに…

完璧を求めちゃいけないんですよ。ねぇ。

③考えない。鈍感になる。忙しく過ごす

はい、これ。
育休中のママって時間があるので、考えすぎてしまうことがあります。

うともありましたね…指さし遅いな、とか言葉はまだなのかな?
とか。
友達からメールが来ないと「失礼なこと書いたかな」とか。

時間があると検索魔になって、ますますネガティブな考えになります。
検索はしない。
するなら欲しいコートとか服の検索をしましょう。
自分磨きの検索はオッケー。

今はネットがあるから一日中ネットに張り付いていても時間が過ぎていきます。
それってもったいない。

だって時間は有限だから。

この3つを意識したら、だいぶスルースキルは身に着くはず。
相手のことなんて気にしない。ほっとこ。

スルースキルを身に着ける3点

  1. ストレスには近寄らない
  2. 常に冷静に。
  3. 考えない。鈍感になる。忙しく過ごす

スルースキルー敢えて鈍感になって人生をラクにする方法(Kindle)はこちら♪

自分の時間の価値の考え方を変えよう

時間は1日に24時間しかありません。
仕事をしていない人も、仕事をしている人も。
学校へ行っている子も、赤ちゃんも。

24時間という有限の時間をとれだけ有効に使えるのか、自分のために使おう、自分に投資をしようと思えるかはすごく大事なこと。

この時間=有限、ということを心の底から理解した時に、スルースキルの重要性を実感します。

うとはブログ+フルタイムワーママなので、正直常に時間に追われています。
なので朝活でブログだけは書く!と決めていて、毎朝4時に起きてせっせせっせと書いております。

時間は有限なので、気の乗らない飲み会や誘いには行きません。
その価値がある、と自分が判断した時、楽しそうと思った時に行くことにしています。

この考えになってから飲み会を断るのに罪悪感を感じなくなりました。

ママ友同士の関係もこのスルースキルと使います。
そもそも子供の関係が中心の関係。
学生時代の自分が選んだ友人と違って、学力や環境や収入だって全部違います。
気だって合わなくて当然なんです。

なので気乗りのしない付き合いはしない。
誰が自分をどう思おうが、自分の価値は自分が決めたら良いのですから。
スルースキル。

隙間時間も大事な時間。

これはちょっと番外編ですが、何かと何かの隙間時間を活用することも時間を有効に使うことができ、できることの幅が広がります。

例えば最近のうとのお気に入りはAmazonAudible
たまたま現在メガキャンペーンをやっていて登録したのがきっかけですが、通勤の間に「本を聞く」ということができるので、インプットにはすっごく効果的!!

めちゃくちゃ気に入ってます。

今なら聴くほどキャンペーンメガ というキャンペーンを展開していて、1日5分以上聞くと通常会員なら50ポイント、プライム会員なら100ポイントを最大30日分もらうことができます(※AmazonAudibleは入会から30日間無料)

しかも最初の1冊は無料でダウンロード可能。

うとはホリエモンの多動力をダウンロードして、行きと帰りの通勤の隙間時間にちょこちょ聞いてました。

うと
うと
今は2冊目のダウンロードでインプット中(^^♪ 

本を読むのが苦手、とか隙間時間を有効活用していきたいと考えている方にはお勧めできるサービスです。

AmazonAudibleはこちらから!

まとめ:スルースキルはママ友社会でも使える有用スキル。

ということでまとめ。
ママ友付き合いって必ず必要なものじゃありません。

自分の時間との価値を考えて、必要な付き合いを選んでいけばよいもの。
すべての人にいい顔をする必要はないんです。

そして子供って大人の付き合いに関しては全く気にも留めていないことが多いです。
ママが笑顔なら、それで十分だと思いますよ。

クラスの飲み会すらスルーしたうとのスルースキルについて、でした!

無料で2つのプレゼントがもらえます。

うと公式メールマガジン

フルタイム看護師として日々忙しく過ごしている私。

  • 土日も仕事、また夜勤?と言われる
  • 余裕なさすぎて子供のサポートが不十分
  • 職場での人間関係でもら

自分に余裕がなく、子供にもイライラして怒る毎日。

「このまま、定年まで働くのかな?」ってふと思いました。

  • 自分の時間がない
  • 余裕がない
  • だから子供にも当たってしまう…

自己嫌悪の、日々でした。

そんな中、ネットビジネスで仕事を辞めて、在宅ワーカーになります!という呟きに出会いました。

その人とのやり取りをして、PC1台とネット環境があれば誰にでも自分の力で稼いで、

時間も、お金も自由になる仕組みを作れることを知ります。

もっと自分らしく生きるために、時間もお金も自由になるために仕組み作りを始めました。

私のメルマガでは

  • 今の仕事をやめるために始めたネットビジネスって何?
  • ネットビジネスって怪しくないの?
  • お金も時間も自由な働き方で得られる未来
  • PC1台とネット環境があればできる次世代の働き方
  • ただ働いているだけではお金も時間も自由にならない理由

など、ブログやツイートでは語れない濃い内容についてもたくさん語っています。

メルマガ登録者にはもれなく無料で以下をプレゼント(^^♪

  • ダブルワークから始める・自分が主人公の未来を手に入れる方法レポート(PDF28P分)
  • 1時間で5万円をゲットする秘密セミナー(合法です)
 

※ご登録はGmailもしくはYahoo!メールを推奨しています。
クリックして3分以内にメールが届いていない場合は

迷惑メールBOXに入っている可能性がありますので、迷惑メールもご確認ください。
ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。

メルマガ不要の場合は解除が可能です。

 

公式メルマガ