キャンプ

冬シュラフ問題、オールシーズンタイプか暖かい冬用タイプにするか。

シュラフ

秋になってくると場所によっては夜寒さを感じるようになってきます。
キャンプ場って通常の場所よりもより冷え込むところが多い。

6月に行った群馬も最高気温15℃だったため、夜はかなり冷え込みました。

私は子供と一緒に寝ていたためむしろ暑くて目が覚めたくらいでしたが、旦那は寒くて眠れなかったそうです。

う~ん、やはりシュラフって…眠りって大事。

一般的には3シーズンタイプのシュラフと冬シュラフを両方持つ方が多いようですが、そこそこ高い冬シュラフ。

最高級シュラフのナンガにするべきか、Amazonの安めのタイプにするべきか。
今回は気になっている商品をご紹介。

モンベル3シーズン用のシュラフを準備

冬の寝袋

キャンプを始めよう!と思って冬キャンプからデビューする強者はいないでしょう。

長男
長男
多分、よっぽどのゆるキャン△ファン

6月~10月くらいの時期にキャンプを始める方が多いと思います。

うともそのつもりだったので、当初はふるさと納税で持っていたポイントを使ってモンベルシュラフを購入しました。

あまり考えずに購入したのですが、表地も裏地もポリエステルで、なんとなくいかにも寝袋で寝ています!!という感じが結構うと的に辛い(ポリエステルタフタ、という素材)。

購入した当時は自分がこんなに寝袋に違和感を感じるタイプとは思いませんでした。

うと
うと
こればかりは使ってみないとわからないなぁ。

この前の連休にコールマンの店舗に行って寝袋を見てきたのですが、柔らかい。
ふわふわしてて肌ざわり最高。

もう一度。

肌ざわり最高ーーーーー!!!

うと
うと
く~やっぱりコールマンにしておくべきだったか…

コールマンは裏地が起毛仕上げのポリエステルタイプとかフリースになっているので肌触りが優しい。

うと家は子供2歳、6歳の怪獣たちですが、まだまだ甘えたちゃんで封筒型で一緒に寝るのがベスト。

でもこのコールマン、快適温度が5℃とありますが10℃以下だと寒く感じる、という口コミが多数。

いくらフリースタイプでも、冬に使うのはちょっと厳しそう。
モンベルの代わりとして購入するならアリでしょうが。

冬のキャンプを見越してナンガも考える

うとがキャンプにはまったのは旦那さんと一緒に楽しめるから。
子供も旦那もみんな楽しい。

うとは(最近サボりが半端ないですが)陸マイラーとしても活動しております。
それはうとが海外旅行が大好きだから。

でもうとが好きなほど、旦那さんも子供も海外に興味がありません。

みんなが同じくらい楽しめるキャンプの方が今はうと家にとって価値があるな~と思っている次第。

なので、冬キャンプもそのうちするんじゃないかなと思い、それを見越してシュラフを考えたい。

冬シュラフの候補、安いシュラフではだめなのか。

最初はAmazonの安めのブランドでお試しで購入しようかと思っていました。
こちらとか。

連結できるし。

これとか。

でも、冬シュラフは命を預けるものなので、本気でちゃんとしたものを買った方がいい。

ととある方にアドバイスをいただきました。

その方は山に登るようなタイプの方なので、考え方は割とシビアだと思いますが、
キャンプ場も割と標高の高いところがあり。

うとは割と寒さを感じやすいタイプでもあるためちゃんとしたものを買わないとダメかなぁと。

パパ
パパ
ちゃんとしたものは割と高いけど、快適には代えられないしね

うとの購入したいシュラフ

実は冬シュラフだけじゃなくてモンベルの代わりのふわふわしたシュラフもほしいっちゃほしいんですが、急ぎじゃない。

うとの希望する冬シュラフはこちら。

①1つは封筒型(連結できるタイプ) こっちは子供が汚す可能性があるからダウンじゃなくてOK。

②1つはマミータイプ こちらはダウンタイプ

③予算はできれば①②合わせて5万以内(安ければなおよし)

④快適温度はー10℃~-5℃は欲しい。

封筒型の候補はコールマンかイスカ

封筒型(連結型)はマミータイプに比べると空気が入りやすく寒さを感じやすい

その分、うと家の場合は子どもと一緒に寝るので子供の体温で暖まるという利点もあります(‘ω’)ノ

やつらは冬でも暑さを感じやすく、末端冷え性で冬は足先が死亡状態のうとでも湯たんぽが必要ないくらい暖かい。

人間湯たんぽ。

こちらが-15℃。暑いかな…

こっちが-10℃。

こちらはコールマンの旧品でしょうか。-13℃~7℃程度。

モンベルの連結可能なタイプ。しかし完全な予算オーバー。

コールマンは使用可能温度が-13℃とありますが、どこまでがどうなのか微妙。

旧品なのであまり情報もなく、山岳系ブランドのイスカのスノートレックを購入したほうが安心かな。

マミータイプは強気のナンガ。

マミータイプはせっかくなので強気にナンガで行こうかななんて思っていたり。
せっかくだし!

もし使わなくなったらメルカリで売ればいいし!

モンベルとかも考えましたがせっかくだし、どうせ30000円程度はするんだったらナンガ!

こちらはナンガのベーシックなタイプの600DX

うとが狙っているのはこちらの山渓×ナンガのコラボ、コラボ商品のため色はブラックしかありませんがその分コストダウン。

450でも良い気がする。

ナンガオーロラ 450DXか600DXか

ナンガですっごーーーーく悩んでいるのは450DXにするか600DXにするか。

450DX 600DX
快適使用温度 -5℃(0℃ Women) ‐11℃(‐4℃ Women)
使用可能限界温度 -21℃ -30℃
重量 865g 1050g
フィルパワー 760FP 760FP

冬シュラフ、ということだけを考えればもちろん600DXの方が暖かいのですが…
オールシーズン使う、ということを考えると450DXでも良いのかな。

我が家の冬キャンプはおそらく電源ありのホットカーペット使用可でのキャンプになると思うので。

この辺を追加して。

もう少し安いラインのナンガももちろんあるのですが、結露とかでカバーの購入が必要になってくるので悩ましいところ。

だいぶお安いけど、カバーを買うと結局一緒かも。

旦那さんが使うのであれば450DXで十分かなと。
子供が大きくなるとうとにももう1枚買わないといけないので、そうしたら600DXタイプを購入かなとか。

ひたすら結論が出ないまま悩んでおります笑。

まとめ

まとめっていうか単にうとがほしいシュラフを悩んでるというだけの話なのですが、キャンプ用品ってほしいな~と妄想しているときが楽しい!!

今の段階の結論としては
①イスカ スノートレック1500タイプ2つ
②NANGA 450DX
③NANGA ウォームカバー

冬用シュラフ、1月に一度キャンプを予定(ただしコテージ泊です)しているので、それまでに購入したい。

ということで、これがお勧めだよというものがあったらうとまでよろしくお願いいたします。

うとでした~(^^♪

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村