毎日、笑顔で「おかえり」って言いたい。
ママだってワガママに好きなことをしよう。
キャンプ

【冬の最強インナー!】モンベルスーパーメリノウールは暖かすぎる絶対に持つべき1枚

メリノウールアイキャッチ

【2018年12月31日追記修正】
2018年からキャンパーデビューしたうと()です。

冬のインナーの定番といえばヒートテック。
おそらくほとんどの人が購入した経験があるはず。

うともヒートテックを長年愛用していました。
ヒートテック最強!ヒートテック安くて暖かくて毎年新しいの買おう。
そう思って毎年新しいものを2枚程度は購入。

ある日、身体が乾燥して全身がかゆくなって、アパレルの方にヒートテックが原因ではないかと言われます。
そしてお勧めされたスーパーメリノウールを1枚購入。

モンベルのスーパーメリノウールを使って愕然、脱帽。

うと
うと
暖かいってこういうことだったんだ…!

うとの価値観を変えたインナー・モンベルスーパーメリノウール。
ヒートテック4枚程度購入できるスーパーメリノウールですが、値段以上の暖かさとコスパに優れた最強インナーでした。

以下うとのスーパーメリノウールへの愛を語ります。
今回は

  1. ヒートテックの暖かさの秘密と痒みの関連
  2. ベースレイヤーを知ろう
  3. モンベルスーパーメリノウールの特徴・メリット・デメリット
  4. モンベルスーパーメリノウール詳細レビュー
  5. モンベルスーパーメリノウールのラインナップ
  6. メリノウールとジオラインはどう違う?
  7. スーパーメリノウールのお手入れ方法

こんな感じでお伝えしていきます♪

ヒートテックの暖かさの秘密。痒みが出る人が多い?

モンベルメリノウール

ユ〇クロのヒートテック、およびヒートテック類似商品。
暖かいですよね。
着心地も悪くない。

でも、年のせいなのか昨年、背中が痒くなることが増えて、身体の乾燥自体が半端ないことに気づきました。

お風呂に入るときにインナーを脱ぐと粉だらけ。

うと
うと
…どこのおばあちゃん??

そんな中、アパレルの方に

ヒートテックで痒くなる方って割と多いんですよ、アパレル系ではモンベルのインナーが人気ですよ
うと
うと
モンベルってガチ登山者向けのあのブランド…?

あまりモンベルを気にしてこなかったうとは驚き。
マジか。

ヒートテックの吸湿発熱素材は諸刃の剣

ヒートテックは吸湿発熱素材、という素材を使っています。
これが暖かさの秘密。

うと
うと
この吸湿発熱、というのは汗を吸湿して、発熱するということ。
パパ
パパ
ぼくたちの汗を吸い込んで、暖かさに変えているんだよね

そうなると…
乾燥肌の人はもともと少ない肌の水分をさらにヒートテックによって吸い込まれてしまいます。

ヒートテックを着ると汗を吸湿されて(その代わりにぽかぽかと発熱する)、身体の水分も奪われて体が乾燥して痒くなる、という図式が出来上がります。

ヒートテックは化学繊維からできている

ヒートテックはポリエステル、レーヨン、アクリル、ポリウレタンの素材からできています。
化学繊維、というやつです。

これがさらに痒みに拍車をかけることがある…らしい。

うと
うと
うとの場合ポリエステルとかは平気なのですが…ヒートテックの吸湿発熱、という性質で身体の乾燥が酷くなったことが原因かなぁ

うとのようにユニクロのヒートテックで痒くなる方は一定数いますが、もちろん痒くない方もいらっしゃいます。
快適に使える方は安いし、ヒートテックは選択肢になりますよね(‘ω’)ノ

ベースレイヤーとレイヤリングシステム

スーパーメリノウールはいわゆるベースレイヤー、と言われます。

ベースレイヤー?
なにそれおいしいの?
という方もたくさんいると思うので、まずベースレイヤー、そしてレイヤリングシステム、というものについて簡単に説明します。

ベースレイヤーは下着

簡単に言うとベースレイヤーは肌着のこと。
体温を適切に保つためにとっても重要な直接肌に触れる肌着のことを言います。

登山では冬には保温性の高いメリノウール、夏は速乾性のある化学繊維であるジオラインなどが選ばれることが多いです。

ベースレイヤーもレイヤリングシステムもいわゆる登山者が使う言葉なのですが、冬キャンプに勤しむキャンパーにも通じる部分があります。

パパ
パパ
キャンプ場は標高が高かったり、朝晩の寒暖差が大きかったりで登山者ほどじゃないにせよ、街で暮らしているよりはある程度過酷な環境に身を置きます。
うと
うと
急な寒さなどに備えて、ベースレイヤーを高性能のものにするとキャンプはもっと快適になります。

レイヤリングシステムを覚えてキャンプにも応用する

登山で基本となるレイヤリングシステム。
肌着となる「ベースレイヤー」、中に着こむ「ミドルレイヤー」、外に着る「アウターレイヤー」3層を調整して重ね着をして、環境に対応する考え方。

このレイヤリングシステム=重ね着
はアウトドアでも使える考え方です。

長男
長男
標高が高いところだけど昼間は暖かい場所ならベースレイヤー+アウターレイヤー(マウンテンパーカー)で寒くなったらミドルレイヤーにフリースを着こんで調整とか
うと
うと
寒さによって中のミドルレイヤーをダウンにしてさらに暖かい環境へ調整できるし
パパ
パパ
熱さの調整をすると汗にも良いから身体への負担も少ないしね。
アウトドアでもレイヤリングシステム(重ね着)を基本にすると快適!!

 

スーパーメリノウールの特徴とメリット・デメリット

スーパーメリノウールの特徴

スーパーメリノウールの特徴は以下。

メリノウールは羊毛の中でメリノ種の羊だけが持つ最高品質のウールのこと
メリノウールは「撥水性」と「保水性」という相反する性質を持っているため、夏は涼しく、冬は暖かい。
1年中使用することができます(真夏以外)。

スーパーメリノウールはほかのどんな発熱繊維と比較しても卓越した発熱量を誇ります。
また繊維表面のスケールと呼ばれる組織が熱を包み込み、暖かさを持続させます。

ウールは「湿気を吸収するが、水は弾く」という特性を持つため、水溶性の汚れがつきにくく、防臭効果に優れています。
~モンベル公式サイト~

モンベルは山岳系ブランドなので、登山、冬のアクティビティをする人が快適に過ごすことを目標としています。

なので、暖かいし、汗をじっとりと吸収して濡れるようなこともありません。
(ちなみにヒートテックは乾きにくいレーヨンという素材を使用しているため汗が乾かずに身体を冷やすため登山ではお勧めできません)

スーパーメリノウールのメリット①防臭効果

このスーパーメリノウール、防臭効果もかなりあります。

敢えていうならキャンプの焚火臭とかが付くことはありますが…
メリノウールを連続して着ていても、うとパパの体臭が気になったことがありません。

うと
うと
うとも同じメリノウールを3日くらい連続して着てしまうこともあります。でも全然臭わないですよ~(うと基準)
パパ
パパ
おれもキャンプの時に着てるけど、めちゃくちゃ暖かいよね。
うと
うと
2枚持てば1枚洗っているときにもう1枚を着ればいいし、1日で取り換えなくてもいいから十分着まわしが可能!
長男
長男
パパが一回普通の洗濯で洗った時に超怒ってたよね…
うと
うと
だって、大事に使ってるのに~…
うとパパ
うとパパ
もう二度と同じ過ちは繰り返さないどこう…

スーパーメリノウールのメリット②敏感肌でも着れる優しい着心地

着心地が良いのもメリット。
ウールは天然の素材。
羊ちゃんの毛ですから。

最初はチクチクするかな~と思いましたが着ているとすぐに慣れてきます。そして、その暖かさと優しい着心地に病みつきになります。

赤ちゃんにも使える素材なので、敏感肌な方でも使うことができます。

メリノウール
うとの場合、メリノウールを着ていて痒みもなくなったのでとってもありがたいです。

うと
うと
なんていうか包まれてる心地よさがあるんですよね。身体の芯が守られている感じがするというか。
うとパパ
うとパパ
もはやうとはメリノウール信者だよね…

メリノウールのデメリットは値段と取り扱い

メリノウールのデメリットは2点
値段と取り扱い。

やっぱりヒートテックやファインヒートのような手に入りやすいベーシックなインナーに比べると高価。

ヒートテックなら900円程度で済むところがスーパーメリノウールだと薄手タイプでも4000円ですよ(正確には4400円+税)。

うと
うと
インナーに4000円も使ったことないよ~

それでもモンベルのスーパーメリノウールは高コスパと評判。
一度購入すると数年持つという頑丈さ。

ヒートテックは2年くらい着まわすとテロテロになって新しいものにしようかな~という感じになりますよね。
メリノウールはそういった心配、ありません。

うと
うと
メリノウールは防臭効果もあるので、3~4日連続して着ても大丈夫!
洗濯回数も減るので、メリノウール自体の摩耗も少なく、長く使うことができます♡

他社のメリノウール製品はさらに高価格

メリノウールったって4400円も払えないよ!
というあなた。

他のメーカーさんはもっと高額です。
モンベルは優秀でかつ高コスパ。
アウトドア系のブランドってお高いのですが、モンベルは比較的お手頃です。

うと
うと
ミズノのブレスサーモのメリノウールタイプ。
こちらはメリノウール35%、ポリエステル56%、ブレスサーモ9%の構成比
うと
うと
こっちはアイスブレーカーのメリノウールインナー。メリノウールが83%!

こちらは男性のメリノウール、ラウンドネック。
アイスブレーカーの半額ですよ。

うと
うと
モンベルのスーパーメリノウールはお買い得なのにウールが92%!!!

モンベルスーパーメリノウール詳細レビュー

うとの持っているのはこちら。
モンベルスーパーメリノウールライトウェイト(薄手) M

割とタイト目な作りです。
インナーなので気にしませんが、少しゆとりをもって着たいという方はワンサイズ上げることをお勧めします。

薄手はこんな感じで、手が少し透けるかな~という程度。
うとのようなヒートテックの代わりとして使うなら薄手がベストですね。

※追記
後日中厚手タイプも購入しましたが、薄手よりも若干厚いかな?程度で着心地も良く、思っていたよりずっと使いやすかったです。
寒がりさんはミドルウェイト(中厚手)もおすすめ。

カメラを変えたため色味が違くて申し訳ないのですが、気になるのはこの袖の部分。
袖から5㎝程度は強度を保つためか少し厚めの生地になっている。

個人的にはTシャツの下に着たりするので、ヒートテックのように1枚で袖も同じ厚さで縫ってない方が好みです。
公式ページによるとスランテックカフ、といって強度を高めるために縫い目を斜めにしているんだそう。

うと
うと
……その縫い目が気になるとは言いにくい。

このスーパーメリノウール、ガチで暖かいです。

ネコポス便で送料込価格!mont-bellモンベルスーパーメリノウールEXPラウンドネックシャツ 女性用 ( 品番 #1107170 )

このメリノウール、キャンプデビューにも使いましたがめちゃくちゃ暖かい。
結構冷え込んできて思わず来てしまいましたが、お風呂あがりは汗ばむくらいぽかぽか。

夜かなり冷え込んだのですが、寝ているとちょっと暑くて、途中脱いだくらいぽかぽかでした。

パパ
パパ
キャンパーも寒暖差のある環境に行くことが多いし、1枚持っていても絶対後悔しません

追記)2018年12月現在はメリノウールの在庫が枯渇してます。
モンベルの公式サイト、もしくはL-Breathならあります。

L-Breath Onlineはこちら♪

※在庫復活したら再度お知らせします。

スーパーメリノウールのタイツ・ソックスを追加購入!

実はつい先日、ボーナスが入ったので兼ねてからほしかったスーパーメリノウールのタイツとついでにメリノウールジャガードソックスを購入!

うと
うと
暖かくて着心地が良くて、もう1枚買ってしまいそうな勢いです!
ジャガードソックス画像

左の画像がまったくセンスがなくて、タイツなんだかUネックなんだかまったくわからない…もはや袖口しか撮影していないのでww

このジャガードソックス、メリノウールを使っているだけあってすごく暖かくて、うとのような冷え性さんにはもってこい!

うと
うと
末端が冷えすぎてて死亡状態…
うとパパ
うとパパ
冷たいもんね、足… 
うと
うと
でもジャガードソックスがあればかなりマシになったよ!!

CARAVANのウールソックスも気になってます♡

モンベルスーパーメリノウールの主要ラインナップ

モンベルのスーパーメリノウールには厚さのタイプが3種類あります。

タウンユースから年中使えるL.W(ライトウェイト)

うと家が所有しているのはこちらの薄手(ライトウェイトタイプ)。

L.W(ライトウェイト)タイプは日常、旅行、ハイキングなど薄手だけど保温性もあり、レイヤリング(調整)しやすいタイプ!

うと
うと
メリノウールとはいえ、夏も快適に使えるので、標高の高いキャンプ場なんかでも出番があって1年中使えるのがこのタイプ。
長男
長男
うすいからおねだんもお手頃だよ!

冬のアウトドアにも有用なM.W(ミドルウェイト)

こちらは冬のアウトドア、スポーツ、登山から日常にも使える中厚手タイプ。

うと
うと
中厚手といってもごわつくような厚さじゃなく、伸縮性もあって着心地も良いです。
パパ
パパ
来年は中厚手タイプも1枚ほしいな~

こちらはスーパーメリノウール100%

うと
うと
うとが購入したのはこのミドルウェイトタイプのタイツ!意外とごわつかなくて伸縮性もあって冬キャンのスカートの下に履くのに重宝しそう!!!
長男
長男
メリノウールの中厚手タイプはエルブレスのオンラインショップにまだ在庫があるよ!

L-Breath Onlineはこちら♪

登山やスノースポーツにも安心のEXP(エクスペディション)

3種類目は厚手タイプのエクスペディション。
こちらは冬の登山やスポーツ、極地などにも行ける仕様。
保温を確保しつつ、速乾性もあり。

スーパーメリノウール79%+ポリエステル18%+その他3%!

うと
うと
日常で使うならうとのようにL.W(薄手)かM.W(中厚手)が使いやすいですよ!

モンベル スーパーメリノウールの種類は3種類

  1. L.W(薄手):ライトウェイト。1年中使える暖かさと動きやすさが特徴
  2. M.W(中厚手):ミドルウェイト。冬のインナーにおすすめ、伸びやすくて保温性抜群。秋~春までOK
  3. EXP(厚手):エクスペディション。超ガチ登山、スノースポーツに生きる人用

メリノウールとジオラインはどう違う?ジオラインは冬のインナーになり得るか。

メリノウールは主に冬に大人気の商品なのですが、ではジオラインはというと。

うと
うと
うとはジオラインも所有しています!
パパ
パパ
ジオラインは化学繊維のインナーだけど、さらっとして快適だよね。
うと
うと
ヒートテックは痒いけど、ジオラインは痒くない!

ジオラインのレビューについても後日詳細レポ予定(^^♪

モンベルジオラインも実は暖かい

当初、ジオラインは春~秋の暖かい時期に使用するつもりで購入したうと。

ジオラインはポリエステル100%
重ね着しやすく、軽量で速乾性に優れているので冬の激しく汗をかくスポーツや夏のウォータースポーツなど汎用性の高い商品。

実は…
ジオライン、暖かいです。

うと
うと
うと的にはヒートテックよりジオラインの方が暖かいよ!
長男
長男
汗かいてもかわくし、かゆくないよ~
うと
うと
ジオラインは繊維にセラミックを使用していて、遠赤効果で身体を暖めるので、保温効果もあり!

ジオラインはキッズもあります。
うちの長男はジオラインでレイヤー調整しております。

うと
うと
汗をかいてもすぐに乾くので、室内で仕事をしている仕事着のインナーとしてもおすすめ!

もちろん、メリノウールよりも暖かさ、着心地の良さは減りますが、冬でも日常生活レベルなら十分インナーとして暖かく使えるレベル。

汗っかきの方ならメリノウールよりもジオラインの方がおすすめ。

ジオラインは袖の部分がスマート

袖にそんなにこだわるかと言われるとあれですが…

ジオラインは袖の部分がスマートな作り。

ジオライン袖部分うとは袖だけは
ジオラインのが好きです。

春~秋口のワンピースやTシャツの下にはジオラインの方が使い勝手が良かったりします。

超冷え性以外はジオラインでも代用可能

絶対絶対絶対絶対メリノウールじゃなきゃやだ!
絶対絶対絶対絶対羊じゃないと寒い!!

……
……

という方以外はジオラインで十分暖かく過ごせます

子供が小さくて、追いかけたり、一緒に遊んでアクティブに過ごすことが多い方の場合、メリノウールよりもジオラインの方が速乾性があるので、身体を冷やしません。

メリノウールは12月現在軒並み在庫がカツカツ状態。
一刻も早くモンベル製品を使ってみたい!という方はジオラインを代替用品として購入しても後悔しません。

うと
うと
ジオラインもスーパーメリノウールもすっごく使いやすくて、はまってしまうこと間違いなし!

絶対私はメリノウール、メリノウールしか見えないという方はエルブレスなら在庫あり。

L-Breath Onlineはこちら♪

モンベル・スーパーメリノウールの洗濯方法

いわゆるアルカリ系の洗剤は使えません。
我が家でいうとアタックとか。
アリエールとか。

モンベルホームページによるとオシャレ着洗いのエマールのような中性洗剤での洗濯が必要です。
弱水流・ドライコースで、中性洗剤を使用する。

①洗剤は中性洗剤を使用
②色移りをする可能性があるので、他のものと分けて洗う
③濡れたままで長時間置いておくとほかのものに色移りをする可能性があるので、分けて保管する。

うとは黒っぽいもののおしゃれ着と一緒に洗ってますが、以前白いTシャツをぶち込んでしまったことがあり、その時は平気でした( ;∀;)

これとか。

この辺ですかね。

天然素材なので、その辺の手間は仕方ないかと思います。
あまり匂わないので、そのメリットを生かして何日間か同じものを着る、毎日洗わない、というのも一つの手段かも。

うと
うと
洗えば洗うほど痛みますからね…

余談としてうとパパが気をきかせて普通の洗剤(アタック)で普通のものと一緒に洗ってくださいましたが何ともありませんでした。

ちなみにアイスブレーカーさんのメリノウールだけは弱アルカリ洗剤を使用してOK!と公式サイトに書いてあります。

まとめ

うとの愛するモンベル・スーパーメリノウール。
冬は暖かくて、夏は涼しいという良いことずくめのインナーです。

秋冬になるとアウトドアではいかにインナーに着こむか、身体を冷やさないか。ということが大事になってきます。
設営で汗をかいても、さらっとすぐに乾く・撥水性のあるメリノウールだと身体を冷やしません。

静かにしていても暖かく発熱してくれる、しかも防臭効果も強い、キャンパーさんに魅力的なインナーです。
もちろん普段使いにも快適すぎるインナーになってます。

うとのようにヒートテックなどの化繊で痒みが出る方にもやさしい着心地なので、敏感肌な方や寒がりの女性にもぜひ試してほしいと思います。

インナーにお金はかけたくない…と言わずに一度でいいからトライしてみてはどうでしょう?うとのようにメリノウールの虜になるはずです。

モンベルのスーパーメリノウールは寒くなってくると急に商品が枯渇しはじめますので、秋口に入りたての9月~10月ころが様々な種類が購入できてお勧め。

2018年12月現在はL-BreathのOnlineで購入がおすすめ

 

ではでは。
うとでした~

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村