ポイ活

FX初心者でもできる・マネースクエアのトラリピ案件低リスク攻略方法。

【2019年1月追記】こちらの記事は2018年8月の段階でカナダドルキャンペーンを実施していたときのものになります。
設定は変わりませんがスプレッド(手数料)が上がっている可能性があり、損失額は多少上がっている可能性がありますことをご了承ください。

今回は久々の陸マイラー活動についてメモ。
最近高騰しているFX案件。
セントラル短資FXとは異なり、ややリスクが高く火傷をする可能性があるマネースクエアのトラリピ。

2018年8月末現在でモッピーで24000P、Getmoney!でも22200円と私がトラリピをクリアした2年前よりも高額になっています。
9月1日最高値更新、ちょびリッチで60000P(30000円分)

 

今回は陸マイラー的にポイントを得るための方法。
儲ける、ということを度外視してできる限り低リスクで案件をクリアできる方法。

①カナダドルを使う
②らくトラで設定する

この2つが肝となるのですが、それぞれのやり方について詳しく書いていきます。
またこの方法は低リスクですが、12000円程度の損失は避けられません

ポイントサイトでの30000ポイントを加味したら12000円分の損失(最終的に12000円のプラスになるので)OK!という方だけ読んでくださいませ。

マネースクエア トラリピ

トラリピとはなんぞや?
FXを触れたことのある方ならわかるかもしれませんが、人間って欲望の塊
欲があるから損益がマイナスになったときにもしかしたらプラスになるかも、もう少し待とう。という行動にでてしまうんです。

トラリピはこの人間の欲、という気持ちを無視した自動ツール
設定した内容でコツコツと利益を確定してくれるツールなので仕事をしていたり、忙しくても勝手にツールが利益確定してくれます。

自分の気持ちが入らないため、設定通りの相場になったら損切り(マイナスのまま利益確定すること。)発動。

ただし今回は陸マイラー視点での方法なので、低リスクに案件をクリアするための方法。
通常の稼ごうと思って運用をするトラリピとは異なります。

トラリピ 案件クリア条件

ということで現在のトラリピの案件をクリアするための条件を確認します。

※新規口座開設完了後、90日以内に片道60万通貨以上の取引
※成り行き注文、決済分はカウントされない
※トラップトレードR、リピートイフダンR、トラリピR、らくらくトラリピRによる新規取引の成立。

成り行き注文はだめ。
あくまでシステムトレードを使う必要あり。

あとは決済分に関しても手動決済にすればリスクは減らせる、とお知らせしているサイトもありましたが、自分がやってみた結果手動決済の場合はさらに余計な手数料がかかるためすべてを手動決済で終了させるのは厳しい。

そもそもこのトラリピ、手数料が半端ない。
システムトレード料のためなのかわかりませんが、FX初心者向けのその辺のDMMFXとかSBIFXとは訳が違います。

4%ですから…
私最初だけドル円でやりましたが手数料500円にびびってやめようかと思いました。

うと
うと
1万通貨で手数料500円取られたら60万通貨終わったときには500円×60回=30000円の損失。もらえるポイントと同じくらいの損失がでます汗。

今回はカナダドル円の組み合わせ

今回うとが提案するのは一般的にFX案件をするときに使う手数料の安いドル円ではなく、カナダドル円の組み合わせ

現在カナダドルはトラリピの手数料無料キャンペーンと合わせて1.0銭のキャンペーンをしているので取引手数料がお安め。

1万通貨なら手数料100円。カナダドルに関しては他社さんも割と高めのスプレッド(手数料)を取っているので、トラリピが安い。

うと
うと
マネースクエアさんのサイトではカナダドルはスワップも高く、これから利上げ予定でどんどん上がっていくのでお勧め!っていいことが書いてあります。

だからといってカナダドルで今後も継続的にトラリピを設定する勇気もないですが。

手数料無料キャンペーン中

トラリピでは現在手数料無料のキャンペーンをやっています。

2018年9月29日まで、とありましたがその後も当面手数料無料は継続するそうです。

①らくトラ/トラリピで発注した注文は新規・決済ともに手数料無料
②またこの期間に発注をした注文に関してはキャンペーン終了後も手数料無料(当面は)

③ただしらくトラ/トラリピでの注文を取り消した場合、また残ポジションを決済した場合は手数料がかかります

基本、らくトラ/トラリピでいけよってことです。

なのでうとのドル円で損失が500円になった理由は以下。

トラリピでトレードの注文を入れて、残りのポジションを手動で決済したため。
手動決済はお勧めしません。

低コストで60万通貨の注文を出す。

冒頭で書きましたが、いくら手数料が無料とはいえ、トラリピでの設定でカナダドルを使っても1万通貨(新規・決済)で200円の損失はさけられません。

陸マイラーが大好きな即利益確定!ってやつのトラリピバージョン。
システムトレードでうまく即利益確定(そいうか損失確定)をするためには方法がありますので、その通りにトライしてください。

うとも正直トラリピにはあまり詳しくないので、トラリピの設定とかのお勧め通貨とかはこちらでは書きません。
一切の利益を考えずにひたすら60万通貨分処理をすることを優先しています。

即利益確定ってなんのこと?というような方はトラリピよりも先に1万通貨1回でクリアできるようなDMMFXやSBIFXをクリアしてから、FXの流れを知っておくことをお勧めします。

入金

今回は旦那さんが申し込んで、うとが実際にトライしました(ホントは本人がやらないとだめです)。
申し込みから実際に口座開設案内+ID+パスワードが来たのは一週間後くらい。

①ログインしてシステムトレードにログイン

②入出金管理→クイック入金を選択。

トラリピ入金クイック入金じゃなくても良い、という方はIDとパスワードが記入されている封筒に振込先の口座が案内されているので、そちらに従って振り込みをしてください。

トラリピクイック入金クイック入金は赤で囲ったように三菱UFJ、三井住友、みずほから楽天、SBIなど対応先が多いです。

ちなみに個人的にめちゃくちゃ使いやすいな~と思うのは住信SBIです(‘ω’)ノ

③このクイック入金をして、提携先の銀行を選択するとそれぞれの銀行の画面に移ります。
パスワード等を入力して入金してください。

クイック入金の場合はその場ですぐに入金金額が反映されるはず。
入金お勧め金額は10万~20万程度だと安心ですが…
うとのように6万程度でも(一度に1万通貨しかできないのでまどろっこしいですが)大丈夫。

らくトラでの設定開始

いよいよトラリピでの設定開始。
ここで注意したいのは再度言いますが、今回の案件はシステムトレードを使うことが条件

手動の成り行き注文は対象外です。
システムを知るために使ってみても良いですが、手数料結構取られるので注意してください。

らくトラを選択する。

①ということで、入金が反映されたららくトラを選びます。

らくトラ初期画面

カナダドルを選択、レンジ幅の入力

①通貨ペアはカナダドル。

②売り→買いのイフダンでも買い→売りのイフダンでもどちらでも大丈夫
敢えて言うならめちゃくちゃ下降局面だと売り→買い、上昇局面なら買い→売りでしょうか。
でも今回はシステムトレードで即決済に近い形で損失を最小限にすることを目標としているので、どちらでも構いません。
わかりやすいのは買い→売りのイフダンですね。

らくトラ1

③レンジの上限の数字は合わせます
同じ数字にする、ということ。
損失を最小限にするためにレンジ幅はもたせません。

現在の値にできるだけ近い値を選択しないとシステム発注自体がなかなか進行せず時間がかかりますので、その時間のカナダドルのレートを見て、できるだけその時に近い数字を入力することをお勧めします。

チャートこの場合だとCAD/JPY(カナダドル円) Bid 売りは85.13 Ask 買いは85.14
なので買い→売りのイフダンの注文を入れる場合は
レンジ上限・下限ともに85.14、という数字を入力すると比較的すぐにオーダーが発注されます。

本数、通貨、利益を入力する

次の画面に移ります。
①仕掛けるイフダンの本数は1本
入金額が10万以上ある方は慣れてきたら2~3本同時に仕掛けると効率が良いです。

②通貨は1万通貨
1万通貨が怖い方は最初は0.1万通貨で試してください。
その場合利益は10円と設定してください。

③利益は100円程度にします。時折即決済にならないことがあります。
その場合利益が100円程度にすると比較的時間がかからないです。

トラリピ2

決済トレールの設定

では次。
決済トレールは設定してもしなくてもどちらでも良い。

設定しない方がすぐ進みますが、設定すると多少なりとも利益が増す感じですかね。
トラリピトレール

ストップロスの設定をする

次にストップロスの設定をします。
これを設定しないと損をする可能性が高くなります。

①ストップロスの設定をする、をクリック

②ストップロスの設定金額を決める。
これは下の〇〇以下の数値を入力してください、と書いてあるので、その数字を入力します。
画面のように86.42以下の数字を、を書いてあるなら
86.42、と入力します。
ストップロス

設定した内容を確認する。ストップロス損失は-200円。

①内容確認をします。
一番最後のストップロスの設定額と、見積もり損失額を確認します。
見積もり金額は-200円、となっています。

このストップロスが-200円になってない場合はどこかで設定が間違っていますので、戻ってやり直します。
損失が大きくなって構わないのであればよいのですが…なんで60万通貨分をやらなくてはいけないので1回の損失はできるだけ最小限にとどめたいところ。

②注文する、をクリック

オーダーが発注される。

発注されて成立すると通知がきます。
このような画面。
オーダーが入ってすぐに成立することが多いですが、時々トラリピ#1の買いのオーダー(または売り)だけが成立することがあります。
この場合はチャートがうまくいくと100円の利益が得られることも。
成約画面

さっさと60万通貨分をクリアしたくて、すぐに利益(損益)を確定したい場合はトラリピ#1を取消して、指値一覧、というところにあるトラリピ#2を手動決済します。
ただしこの場合、手動決済分として余分な手数料がかかってしまうので、お勧めしません。

ストップロスが発動せずにシステムが残っている場合は素直に待った方がよいです。
うまくいけば100円の利益、失敗しても-200円にしかならないので。

60万通貨の損失額は12000円程度

1万通貨のストップロスを-200円に設定することで、損失はだいたい12000円程度でしょうか。
これ、欲を出して利益を取ろうとするとさらにマイナスになる可能性があるので、トラリピは要注意です。
あくまで事務的にひたすら1万通貨の入力を繰り返せばポイントサイトでもらえる30000円分を考慮すると最終的にプラスになります。

また下に詳しく書きますが、現在マネースクエアのキャンペーンで50万通貨で10000ポイントがもらえます。
それを考えると-12000円の現金の損失はありますが、そこそこお得なのではないかな~と思います。

マネースクエアの新規入会者キャンペーンに乗れる

2018年8月から60万通貨の取引が条件になったため新規口座開設キャンペーンも対象になります。
これ要エントリーなので要注意。
エントリー忘れずに。

トラリピ新規キャンペーン

①エントリー+初回入金で「FX トラリピの教科書」がプレゼント
新規成立50万通貨以上で10000M2Jポイントがプレゼント

まぁ、この本にはあまり興味ないですが、この50万通貨以上、という条件が今回同時にクリアできるので、10000M2Jポイントがもらえます。

10000M2Jポイントが8000円分のギフト券がギフトコードになるので、12000円の損失ですが8000円分さらにプラスになるので、損失は4000円程度に抑えられます。

うと
うと
ちなみにうとは100万通貨分をトライしてアマゾンギフト券を16000円分もらう予定です

このギフト券、JTBのほかにもアマゾンギフト券やJTB旅行券、ドットマネー、ビットコイン、楽天ポイントに変更も可能。

長男
長男
このギフト券で冬用シュラフを買うべきか…

ただ、1つ気になるのはその他のサイトでやっているM2J新規口座キャンペーンとの重複はしません、との文言。
これ、ポイントサイトでの新規口座開設がキャンペーンと取られるともらえない可能性もありますが…ポイントサイトの場合、キャンペーンではなく広告だから、違うと思うのですがこればかりは何とも。

60万通貨の取引が条件になったのが最近なので、特に情報もないですし。
後日重複対象になったかレポ致しますね。

ポイントサイトの60万通貨の条件を満たすためにはM2Jの新規口座キャンペーンの条件も同時に満たしてしまうため、損にはならないのでエントリーだけ忘れずに。

ポイント確定までは全額出金しない

トラリピに限らず、FX案件は比較的ポイント確定が早いです。
うともまだ確定していませんが2週間前後で確定判定がでることもあるよう。

ただし、全額出金せず、3万なり2万なり一部金額はそのままマネースクエア自体に残しておきましょう。全額出金した時点でポイント判定は無効になるようです。

まとめ

できる限り低リスクでトラリピ案件をクリアする方法でした。
最後にもう一回復習!

①カナダドルを使う
②らくトラでレンジ幅をもたせずに、利益100円、損失-200円で設定。
③ひたすら60万通貨

深追いはしない、利益を追求しない。
これで案件がクリアできるはず。

できる限り低リスクと書きましたが、リスクは全くないわけではありません。またこの案件はFXに触れたことのある方にお勧めする案件です。
FXである以上、リスクは絶対的にありますのでそれを忘れずに。

うとは個人のリスクまでは関与致しませんよ~!

あなたにも良いポイントライフが送れますように。
ちなみに現時点で記事数も少ないためうとはポイントサイトのバナーを貼る予定ではないので、お気に入りのブロガーさんのサイトから登録してくださいませ(‘ω’)ノ

では。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村