自分が幸せじゃないと、他人は幸せにできない
ママはもっとワガママになっていい。
子育てと日常

【ちょこっと雑談】子供の性別問題。他人が云々言ってくるのは余計なお世話?

これは常々うとが感じていること。
男の子のお母さんならうんうん、と思ってくれるかもしれません。

子供の性別について。
今回はアウトドアには関係ありませんが、うとの心の思いとして書くことにしました。

子供の性別問題。

うとの子供

うとはメンズだらけの家庭です。
旦那さん、6歳の長男、2歳の次男。
二人の子供に恵まれ、優しい旦那さんとの生活に(それなりに笑)満足しています。

そんな中、男だらけの家にいるうとに対して
「女の子産まないの?」っていう方が一定数いらっしゃいます。
今回はそんなお話について。

これ、うとの愚痴もありつつなので、興味ない方はBACK!
雑記ブログといいつつアウトドアメインになっているのですが、たまには雑記っぽくうとの思いをたけにしてみることにしました。

子供の性別は選べない。

これ、うとの職場だけかもしれないんですが、結構言われます。
しかもそのうち一人はしつこいんですよ…

実はうとも当初一人目を妊娠した時は勝手に女子だと思い込んでいました。
自分が女兄弟だったからでしょうか。

だから割と早い段階で男子だと言われたときは衝撃!!

うと
うと
はい?〇〇がついてる?
マジか。

ショックに近かったのかもしれません。
思い込みって恐ろしい。

世間の男の子は育てにくい、というイメージが先行しすぎたせいかもしれませんが。
うとの身近にいるいとこがシングルマザーなのですが、メンズを育ててまして、やたら大変そうに見えたのでそっちのイメージが強かったのかも…

男の子は男の子でかわいいよね!!とすぐに立ち直りましたが笑、なんとなく世間では今女の子ブームなようで。

割と言われる「女の子はいいわよ~」とか。
「次は女の子ね」とか。
「男の子は弱い」とか。

あんたに関係あるんかい!!
なんて心の中で毒づいておりました。

うとの職場で「女の子産まないんですか」という方たちは何をどう考えてそう言っているのかわかりません。
うとはなんとなく「性別決めるの私じゃないんで」とさらっと流していますが。

言われる方は意外とその無神経な発言を気にしております。
はい。

「3人目は女の子で」ともいわれるので、
は~~、こんなん言われるなら子供産むの嫌だわ…とまでは思いませんが、正直3人目が男だったときの周りの反応が面倒だなと思うことは否めません。

男の子だらけの家庭って楽しい

うとはお友達の女子のお子さんと接して、女子がいる家庭は家庭で頼りになるな~とか座って会話ができるのが新鮮だな~とか思います。

あ~女の子ならこうやって座って会話ができるのかぁ…とかね。
自分が妹と割と仲良しでなんでも話せる間柄なので将来姉妹だったら楽しそうだなとかそれは正直言っていいな~って思います。

でも男の子って女のうとにとっては不思議な生き物。
すっごく新鮮。

なんでそんなに乗り物に興味あるの?とか
なんで同じことを何回も何回も注意されているんだろう?とか
どうして仮面ライダーにあこがれるんだろう とか。

ホントに不思議。
あとは優しい。メンズは特にママに対してすっごく優しい(今だけ笑?)。

うとは割ときつめの言い方をするタイプなので、女子だったら関係がこじれるような予感がします。
うちの子たちがメンズだから「ママ大好き~」で済んでいますが。

うと自身は男の子だらけの我が家ってせわしなくて、忙しいけどとっても楽しい!!と思っています。
あとはうとの周りの仲良しさんが割と皆さん男の子を産んでいるんですよね、なので一緒にアウトドアとか楽しめるかな!なんてうきうきしています。

思春期になって、「くそばばあ!」なんて言うようになったら、旦那さんと一緒に二人で週末キャンプでイライラをすっとばしていこうかなぁ。

子供のことに関して他人が口出しをしないのが吉かも

性別問題に関してもそうですが、二人目が産まないの?とか、子供産まないの?とか。
それも一緒。
そんなことあなたに関係ないんじゃないか?

余計なお世話ってやつです。

人は見た目以上に内面に何かを抱えている

結婚して3年経過しているご夫婦に「お子さんは?」というとか
2人目を産まない方に「兄弟がいたほうがいいわよ」とか
うとのように「女の子産まないんですか」

とか。
そういう子供のことって割となんとなく言ってしまいがち。

相手を傷つけると思わずに特に何も考えずに言ってるんだろうなぁと思うけども、そういう言葉って意外と相手を傷つけています。

明るく返しても、実際は子供ができなくて悩んでいたり…
内面は外面とは違うものです。

うとも正直、あの人二人目産まないのかな?とか心の中で思っていることはありますが、それも実は余計なお世話ですよね。

その人にはその人の人生があるのですし、ほっとけ!って感じですね。

まとめ

ということで、今回は取り留めもなくうとの日々の思いを書いてしまいました。
とにかく、ほっといてほしい!
女子だろうか男子だろうが子供はかわいいですよ(‘ω’)ノ

うとの目標はうちのメンズたちが自分で火おこしができるメンズになってもらうこと。
そのためにまたアウトドアの毎日です。

では~

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

無料で2つのプレゼントがもらえます。

うと公式メールマガジン

フルタイム看護師として日々忙しく過ごしている私。

  • 土日も仕事、また夜勤?と言われる
  • 余裕なさすぎて子供のサポートが不十分
  • 職場での人間関係でもら

自分に余裕がなく、子供にもイライラして怒る毎日。

「このまま、定年まで働くのかな?」ってふと思いました。

  • 自分の時間がない
  • 余裕がない
  • だから子供にも当たってしまう…

自己嫌悪の、日々でした。

そんな中、ネットビジネスで仕事を辞めて、在宅ワーカーになります!という呟きに出会いました。

その人とのやり取りをして、PC1台とネット環境があれば誰にでも自分の力で稼いで、

時間も、お金も自由になる仕組みを作れることを知ります。

もっと自分らしく生きるために、時間もお金も自由になるために仕組み作りを始めました。

私のメルマガでは

  • 今の仕事をやめるために始めたネットビジネスって何?
  • ネットビジネスって怪しくないの?
  • お金も時間も自由な働き方で得られる未来
  • PC1台とネット環境があればできる次世代の働き方
  • ただ働いているだけではお金も時間も自由にならない理由

など、ブログやツイートでは語れない濃い内容についてもたくさん語っています。

メルマガ登録者にはもれなく無料で以下をプレゼント(^^♪

  • ダブルワークから始める・自分が主人公の未来を手に入れる方法レポート(PDF28P分)
  • 1時間で5万円をゲットする秘密セミナー(合法です)
 

※ご登録はGmailもしくはYahoo!メールを推奨しています。
クリックして3分以内にメールが届いていない場合は

迷惑メールBOXに入っている可能性がありますので、迷惑メールもご確認ください。
ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。

メルマガ不要の場合は解除が可能です。

 

公式メルマガ