自分が幸せじゃないと、他人は幸せにできない
ママはもっとワガママになっていい。
キャンプ

【初の2泊キャンプ】キャンピカ富士ぐりんぱキャンプ場レポ

ぐりんぱアイキャッチ1

キャンセルを忘れ、初の2泊キャンプに挑むことにしたうと家。

まだブログ用の細かい写真を撮ることを意識しきれず(加えて余裕もない)、写真が少な目ですが、キャンピカ富士ぐりんぱの快適な3日間についてレポ!

キャンピカ富士ぐりんぱ テントサイトC感想

キャンピカ富士ぐりんぱのテントサイトCは富士山を見る、という点では100点!
秋~冬は電源がないサイトなので寒さが厳しいですが、うとが行った7月は快適そのもの。

テントサイトCは施設紹介でも伝えていますが、地面は土と小石。
キャンピカ富士ぐりんぱは水回りはすっごくきれいだし、初心者向けな至れり尽くせりキャンプ場ですが、地面には要注意。

硬いです。

 なので、うと家のようなズブズブの初心者さんで、水回りがキレイならキャンピカ富士に行こうかな!なんていう方はソリステのようなペグを推進します。

初心者さんはペグとハンマーは大事。
これ、テストにでます。

キャンピカテントサイトC

こんな感じでちょこっと草も生えていますが、テントサイトはほぼ小石と土。
サイトはGARVYのオートキャンプ場ガイドによると10×10mと関東近辺の区画サイトの平均よりは大きめ。

うと家は軽自動車キャンパーのため車のサイズも小さめで、割と余裕。
うと家が使用しているDODのナチュラルタープ、お値段の割にロープもポールもついていて気に入っているのですが、ポールが190㎜でちょっと小さい。

圧迫感が気になる…

キャンピカ富士ぐりんぱの美しいコテージ

初日、ぐりんぱで遊んだ後にキャンピカ富士ぐりんぱにチェックイン。
無事設営を終えて散歩。

テントサイトCにあるコテージはコテージエリアB。それぞれのコンセプトがあって、そのコテージごとに作りが違います。

キャンピカ富士コテージ

この芝生のところで虫取りをしていた子たちも多数。
うちの子はヘタレなので土いじりをしておりました。

たとえばコテージよぞらは天窓があって、コテージから星を眺めることができます。

こちらはお客さんが入っていない状態だったためパシャリさせてもらいました。
YOZORA(よぞら)ですね。

入らないのかな?と思っていたら、かなり夜遅くになってから3世代のご家族がいらっしゃってました。
コテージの良いところは

・テントに比べて音が漏れにくいので、小さなお子さんがいる方で夜泣きが気になる方
・テントで直接地面に寝るのが辛い方(特にご高齢者は)

にも優しい。

加えてキャンピカ富士ぐりんぱのコテージは冷暖房完備なので温度調節もできる。

うと
うと
たまにおじいちゃんおばあちゃんを連れて自然を楽しみたいというときにはコテージ泊がありがたい!

ただし、トレーラーコテージ、シルバニア以外のコテージにはトイレはついていませんので、場内の炊事場のトイレを使う必要があります。

キャンピカ富士ぐりんぱ コテージB(のはら、ろじ、よぞら、いろり、あなぐら)

・定員6名
・冷暖房、枕、マット、毛布6名分あり
・屋外にウッドテーブル、ウッドチェア、グリル、温水シンクあり

繁忙期の場合は37600、う~ん、良いお値段。
シルバニアよりマシでしょうか。
オフシーズンの1月2月3月あたりは週末でも1万円台で宿泊できそうですが、たぶんめっちゃ寒いですよね。

冷暖房完備なので、いっそ冬はコテージ泊というのもありかも。
うと家は冬キャンプへの準備も足りていない+下の子がテントが苦手というのもあり、今年の冬はテント泊はしない予定です(^^♪

グリルもセットされていて、温水シンクもあるし、雪遊びもできるかも。
お風呂もあるので冬のキャンピカ富士ぐりんぱはコテージ泊も狙いたいですね。

テントサイトCからの富士山は圧巻!

テントサイトCからの富士山の眺めは天気さえ恵まれていればばっちり。
昼~位になると湿度の兼ね合いなのかこんなに近くなのに富士山が見えない…なんてことも。
晴れている朝、テントからひょこっと顔を出した瞬間に見える富士山の雄大さは実際に見てみないと良い言葉がでてこない、それくらい素晴らしい。

冬なら空気も澄んでいるので昼間でも見えるのかもしれませんね。
こればかりは冬キャンピカ富士をトライしてみないとわからないので、寒くなってきたらまた行きたいと思います。

こちらが朝撮影したテントサイトCの炊事場あたりからの富士山の景色

富士山この先々に見えているテントたちがテントサイトA電源あり、のサイトですので、電源ありA、Bサイトからでもこんな感じで絶景。

テントサイトCからだとこんな感じ。
どなたかのスノーピークが良く映え…違った
富士山、最高。

キャンプをするまではうともそこまで富士山に興味がなかったのですが、キャンプを始めて実際に富士山の麓にいくとこうも美しくて、大きな富士山の存在に圧倒されます。

キャンピカ富士ぐりんぱは夏でも快適

キャンピカ富士ぐりんぱは標高が1280mと高いため夏はすっごく快適です。
日が沈むと長袖が必要です。
あとは標高が高いせいか虫があまりいない。

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
最高 11.5℃ 15.4℃ 18.1℃ 21.6℃ 23.4℃ 20.1℃ 15.0℃ 10.1℃
最低 1.6℃ 6.4℃ 10.6℃ 14.6℃ 15.5℃ 12.1℃ 5.9℃ 0.2℃

PICA公式サイトによると気温はこんな感じで、7月だと最高気温23.4度。


実際行った7月の連休は23以上でした。30はあったんじゃないかなぁ?日差しでそう感じるだけでしょうか。

あくまでこれ目安ですが…

夜は羽織ればさわやかに過ごせるとっても良い気候でした。

ちなみに虫に関しては少ない、というだけで居ないわけではありません。

うと
うと
うともパパも最終日におそらくブヨにやられ、2週間くらいかゆみと戦いました…

2泊キャンプの流れ

初の2泊キャンプ。
うと家ではこんな感じの流れを計画。

初日:早めに出発
10時ころ ぐりんぱ着、ぐりんぱで仮面ライダーショーと園内で遊ぶ
14時ころ キャンピカ富士ぐりんぱへ移動、設営開始
17時ころ BBQ
19時ころ お風呂
20時ころ 花火
2日目:朝ごはん
富士サファリパークへ(昼ご飯も)→買い出し
夕ご飯準備
花火
3日目:片付け、撤収

当然、計画に狂いが出てきたわけですが笑、狂いが出てもあまり気にしないのと、どこかで出来なかったことを入れられるように緩やかな計画にしてあります。

初日はお風呂が混雑しており花火の規定時間である20時30分頃にようやくお風呂から戻ってきたこともあって、花火を断念。

2日目はフジサンアイスとマックスバリュに買い出し

ブログを書くとほんとに写真が足りな~い!!って後で気づきます…
次回は相棒のD5500とパナのルミックスを持ってパシャパシャせねば…!!

我が家は積載量の関係でソフトクーラーボックス所有のため、2日目以降は氷を買いださないといけなかったので、2日目はサファリパークの後にマックスバリュに向かうことにします。

その前にキャンピカのゲストハウスで氷とフジサンアイス(250円くらいだったかな)を購入。
がぶりと次男。

ちなみに長男ももちろん食べています。上のミルクの部分がゼリーのような感じで不思議な触感でしたがおいしかったです。

2歳にしてアイスが大好物という次男、末恐ろしい…(※批判受け付けません笑)
この前、保育園でアイスが出たとき。
保育園でも初めてのアイスで苦戦した子もいる中、次男はさわやかにごく自然にアイスを食べていたそう。

うと家はアイス大好物なのです(^^♪

富士サファリパーク後に買い出し

富士サファリパークで動物にエサをあげ、喜ぶ我が子たち。
富士サファリモルモット餌をあげるのは良いのですが、一つ50円とか100円とかで、小銭をあまり所有していないうとには辛かった…
基本、アウトドアには現金が良いですねぇ。

しかしまぁ、かなりの暑さです。
いくら標高が高くても、高いからか?日差しが強い。
日影は涼しいのですが、ずっと日影にいるわけにもいかず。

暑さでバテバテになったため自家用車にてサファリゾーンへ。
しかしまぁ…混んでる。
入り口も相当混んでいましたが、自家用車も含め渋滞発生中。

あまりに暑くて動物も寝ておりましたよ。
元気よかったのは水浴びをしているゾウさんくらいでした。
うとは最後の方、エアコンによる温度調整が心地よくて寝てしまってましたww

この辺はキャンプ場も多いので、3連休の中日ということもあり混んでいたのでしょうね~
次回は絶対空いているシーズンに行きたい!

マックスバリュで買い出し、夜はカレー

マックスバリュ御殿場原里店でお肉、野菜、カレールウ、板氷を購入(あとおやつとか虫かごとか)、富士サファリパークを出たのは12時半。

途中お店によるのも…とマックスバリュでお昼もついでに購入。
冷やしラーメンとかうどんとか、パンとか、いつもの簡単なものと牛乳。

キャンピカ富士に戻った後は15時という早めの時間に入浴。
パパに炭をおこしてもらいながら、うとは子供たちを連れてじゃがいもの皮むきやニンジンの皮むきをしてもらいました。

キャンピカ富士炊事場

ただのいつものバーモントカレーなのに
なんでこんなに外で食べるご飯っておいしいんだろうなぁ…

写真が何でないんだろうなぁ…

キャンピカ富士ぐりんぱでは花火用のバケツが借りられる

お風呂もご飯も終わって、いよいよ長男が待ちに待っていた花火タイム!
キャンピカ富士ぐりんぱでは夜の20時30分まで指定の場所(お風呂場近くのコンクリ付近)で花火をすることができます。

バケツを持っていない!という方もご安心ください。
バケツも借りられます。

ただしうとが断念した初日はバケツがもうありません…と言われてしまったので、確実に借りたい方は早い時間帯にゲストハウスで借りておくと良いです(借りていた方がいたので借りられるはず)。

朝ごはん~撤収

最終日は簡単に作れるインスタントラーメン。
こんな簡単に作れるものをやつらは好むのですぜ…

持参したラーメンは知る人ぞ知る、えべちゅんラーメン。
インスタントと侮るなかれのコシの強い北海道江別の特産ラーメンでございます。

これについては後日また詳しくレポします。

撤収し、ごみの確認をして帰途へ。
実はこの前日の夜あたりに次男がお熱?っぽくて早め撤収にしました。

まとめ

写真がぜんっぜんなくてすみません!!
次回はもっと写真鬼のように取らねばですね~

キャンピカ富士ぐりんぱはぐりんぱがそばにあって、しかも水回りもキレイ、夏は気候も虫の少なさでも快適な高規格キャンプ場です。
地面の硬さを除けば初心者さんにもお子様が小さい家庭の方にもおすすめ!

ぜひ行ってみてください。
うとでした~。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

無料で2つのプレゼントがもらえます。

うと公式メールマガジン

フルタイム看護師として日々忙しく過ごしている私。

  • 土日も仕事、また夜勤?と言われる
  • 余裕なさすぎて子供のサポートが不十分
  • 職場での人間関係でもら

自分に余裕がなく、子供にもイライラして怒る毎日。

「このまま、定年まで働くのかな?」ってふと思いました。

  • 自分の時間がない
  • 余裕がない
  • だから子供にも当たってしまう…

自己嫌悪の、日々でした。

そんな中、ネットビジネスで仕事を辞めて、在宅ワーカーになります!という呟きに出会いました。

その人とのやり取りをして、PC1台とネット環境があれば誰にでも自分の力で稼いで、

時間も、お金も自由になる仕組みを作れることを知ります。

もっと自分らしく生きるために、時間もお金も自由になるために仕組み作りを始めました。

私のメルマガでは

  • 今の仕事をやめるために始めたネットビジネスって何?
  • ネットビジネスって怪しくないの?
  • お金も時間も自由な働き方で得られる未来
  • PC1台とネット環境があればできる次世代の働き方
  • ただ働いているだけではお金も時間も自由にならない理由

など、ブログやツイートでは語れない濃い内容についてもたくさん語っています。

メルマガ登録者にはもれなく無料で以下をプレゼント(^^♪

  • ダブルワークから始める・自分が主人公の未来を手に入れる方法レポート(PDF28P分)
  • 1時間で5万円をゲットする秘密セミナー(合法です)
 

※ご登録はGmailもしくはYahoo!メールを推奨しています。
クリックして3分以内にメールが届いていない場合は

迷惑メールBOXに入っている可能性がありますので、迷惑メールもご確認ください。
ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。

メルマガ不要の場合は解除が可能です。

 

公式メルマガ